×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ > 投稿小説 > D 〜駆け抜ける黒い閃光〜 予告編

D 〜駆け抜ける黒い閃光〜

予告編

ある時は、仕事に生きる傭兵… 

「フフ、見込んだだけはあるな… 
やるべきことは、しっかりやっているようだ」 

「しかし、ダンナ自ら手を下さなくても… 
そんなにスゴイやつらなんですか?エックスだかゼロだか」 

「ある意味、な。ゼロ…おまえの真の姿を教えてやる…真の敵をもな…」 


その過去は、とある軍隊の一員… 

「大丈夫か?ダイナモ」 

「大隊長!? なぜここに…?」 

「隊員を守るのは隊長の勤めだ。そうだろう?」 


ある時は、自由気ままなNSコレクター… 

「ナイトメア… “悪夢”の力ねぇ… 興味あるんだよねぇ。 
あんた達もっとナイトメア反応の強いトコ、知ってるんだろ?」 

「フッ、それを聞いてどうするつもりだ?」 

「別に。…そうだな、ナイトメアの力でパワーアップできるんならそのためってことでもいいかな」 


そして…未知との遭遇… 

「レッドアラート…か。こりゃあ、もうひと騒動あるかもな…」 


これは、エックスやゼロを始めとするハンターベースの活躍、 
その裏側で戦いの時代を生き抜いてきたある男の物語である…

第1話へ

 

トップページ > 投稿小説 > D 〜駆け抜ける黒い閃光〜 予告編