×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「 また 新たなる野望!! 」

・第二話

(カリンカをつかんで必死の形相で羽ばたくビート、ゴスペルと合体して空を飛ぶフォルテを案内するカリンカ…)

(やがて、地上は雪景色になる、『ロック4』の時と変わり映えしない城が見えてくる。 )

カリンカ 「あれですわ! あれがニューコサックキャッスルです!」

(地上に降り立つ)

( ハァハァとバテているビートをペロペロなめるゴスペルを背後に、巨大な城を遠く見据える二人… )


フォルテ 「よし、じゃあさっさと片付けてくるぜ」

カリンカ 「お気をつけて」

フォルテ 「(カリンカに背を向けたまま)・・・親父・・・ 死んでもいいな…?(と答えも待たずに言い捨てて雪の中を駆けていく)」

カリンカ 「え?え? ちょっ ちょとフォルテさ〜ん? おっ お手柔らかに〜〜〜 (>○<)/~~~ 」

「ビ〜バリバリバリ!!!!」 「グモッ!(雪に倒れこんだ音)」

・  ・  ・  ・  ・  ・ 。

(黒コゲのフォルテ・・・ 不機嫌そうにノソノソと戻ってくる)

フォルテ 「ふざけんなぁあああああああああああ( ▽「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽メ)」
カリンカ 「(>○<) 私にそんなこと言われましても〜〜〜〜」

フォルテ 「なんかバリアー張ってあるぞ周りにぃいい!!!!(怒怒怒)」

(と、そこに城外アナウンスが入る)


「フッフッフッ・・・ よく来たな・・・ 勇者よ・・・」


・  ・  ・  ・  ・  ・ 。

 
フォルテ 「・・・親父か?(-_-;)」
カリンカ 「はい・・・(;∪∪)(赤面)」

Drコサック(アナウンス)「この城のバリアーを解くには、8人の勇者が必要だ・・・。 残り7人・・・さあ集めて来るがよい!」

フォルテ 「 はぁ〜あ? (;▽「 ̄ ̄ ̄]▽) 」
カリンカ 「お父様ったら・・・(;∪∪)(赤面)」

ゴスペル 「バウ!ワウワウ!!(『俺もいるぜ〜』という感じにフォルテに訴える) 」

フォルテ 「 (-_-;) ・・・・。 (;-_-) 犬は・・・どうなんだ?」

Drコサック(アナウンス)「 た  わ  け  がぁ! 犬畜生なんぞに私の城の床を踏ませてたまるかぁああ!! 勇者とは認めんぞぉおおお!!!」

( 『キャインキャインキュ〜ンキュ〜ン』とビートに泣きすがるゴズペル、羽で優しく包んで目を閉じながらよしよしとなでるビート )

カリンカ 「お父様! もうバカなことはやめてぇえ!!(飛び散る涙)」

Drコサック(アナウンス)「いいか!犬はだめだぞ!!絶対入れるなよ!!  鳥  も  だ  ぞ  !!!(プツンとアナウンスが終了する)」


・  ・  ・  ・  ・  ・  (;T_T)(;-_-)


フォルテ 「全然聞いてねーな・・・ てめーの親父・・・(;-_-)」
カリンカ 「お父様ったら・・・(;-_-)(赤面)」

フォルテ 「しかし まいったぜ、8人もここに集めなきゃダメなのか〜・・・ うっぜ〜」

カリンカ 「何か一度に集める方法はないかしら・・・」

フォルテ 「(やぶれかぶれで) 誰  で  も  い  い  出  て  き  や  が  れぇあああああああ( ▽「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽メ)」

カリンカ 「そ・・・そんな無茶な・・・(;^_^)」


(枯れ草の陰からヒョコっと顔を出すピカチュ)


(-_-;)(-_-;) 「・・・・・・・」

ピカチュ 「よび… 呼びました?(おそるおそる出てくる)」

フォルテ 「雪ウサギかおまえは・・・(-_-;) 何でこんなとこでウロウロしてんだよ…(汗) 」


(事情を聞くピカチュ)

ピカチュ 「なるほど〜 わかりました〜v 僕に任せてください〜vv 残り6人ですね〜? コホン… (目をつぶってス〜っと大きく息を吸い込む) 」


「 ラ  イ  ト  の  横  着  ジ  ジぃいいいいいいいいいい( ▽「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽メ) 」 いい… いい… いい…  (-_-;)(-_-;)


(ダダダダダダ…と雪煙を巻き上げながら遠方から何かが走ってくる…)

「ガッゴオオッッ!!!!(※ライトヘッドバット)」

(雪にズゥモッと倒れこむピカチュ)

(-_-;)(-_-;) 「・・・・・・・」

ライト 「・・・・・」


ピカチュ 「(フラフラと起き上がり)・・・・はい残り5人〜 (ス〜っと大きく息を吸い込む) 」


「 ブ  ル  ー  ス  が  出  た  ぞぉおおおおお( ▽「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽ ) 」 おお… おお… おお…  フォルテ「クマか…(-_-;)」


シャドーウーマン 「 (いきなりシュタッと現れて) ブルースさん??? ブルースさんどこですかぁ????? (キョロキョロキョロ) 」

「・・・・・・・」 (;-_-)(;-_-) 


ピカチュ 「はい残り4人〜 (ス〜っと大きく息を吸い込む) 」

「 ナ  ン  バ  ー  マ  ン  F  ス  ズ  キ  さ  〜  ん vv 」 フォルテ「普通に呼ぶのかよ!!(「 ̄ ̄ ̄]▽;) 」

ナンバーマンFスズキ 「なんだい?(普通に出てくる)」 ( → コケるフォルテ )


ピカチュ 「はい残り3人〜 (ス〜っと大きく息を吸い込む) 」


「えええ〜???? フォルテが 『釣り同盟』 に入りたいってぇえええええ?????( ▽「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽ ) 」 ええ… ええ… ええ…

フォルテ 「コラ・・・(-_-メ)」


( 空にキラーンと一点の光が輝く )

「ィ――――――――――――――――――――――ンッッ!!!!」 (何かが空から飛んできてドド〜ン!!と降り立つ)


スターマン総帥 「  マ  ジ  でぇええええええええええええええ????????????( ▽「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽;) 」


フォルテの心の声 「  ゲッ・・・出た・・・(;▽□▽)  」 (※『KOP96』以来)

スターマン総帥 「いやあ〜 うれしいよフォルテ君〜 まさか君の方からそんなこと言ってくれるなんて〜v(背中を親しげにポンポン叩く)」

フォルテ 「(叩かれながら)だから接点ねえだろ “釣り” で・・・(;-_-) あいかわらすだなおまえ・・・」


ピカチュ 「はい残り2人〜 (木によじ登る)うんしょ うんしょ (ツルっと滑り落ちる) わぁあああ〜〜〜〜 (なぞの影がピカチュを横からキャッチ!! お姫様だっこ状態になるv)」

真ZER02 「フ・・・まったく・・・おまえの言動と格闘ゲームネタはいつも危なっかしいんだよ・・・(苦笑)」

ピカチュ 「キャイ〜ンvv やっぱり来てくれた〜真ZER02さ〜んv (降ろしてもらって) はい残り1人〜v (ス〜っと大きく息を吸い込む) 」


「 ポ  ニ  ー  テ  ー  ルぅうううああああああああああああああ!!!!!( ▽「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽メ) 」 ああ… ああ… ああ…


ロールちゃん 「ドブネズミぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!( ▽「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽メ) (猛ダッシュで登場) 」


ピカチュ 「よっ!ポニー」

ロールちゃん 「なれなれしいわよ このドブゥッ!!」


ピカチュ 「ポぉお〜 ニぃいい〜 ちゃぁあ〜んがコラぁっ!!!!!(▼▽メ)」
ロールちゃん 「 あ ん た マジでむかつくのよドブぅうっっ!!!(メ▽■)」
ライト 「・・・・・」
ナンバーマンFスズキ 「何で呼ばれたんだ俺・・・?」
真ZER02 「俺を登場させて・・・ どうしようっていうんだ・・・」
フォルテ 「 だ か ら 同盟話はくそネズミのデマだって言ってんだろぉおがああああ!!!!(;▽「 ̄ ̄ ̄])」
スターマン総帥 「おのれぇえ ではいったい何同盟がいいのだぁあああ?!!(「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽メ)」
シャドーウーマン 「あの〜・・・ ブルースさんはどこですかぁ〜・・・?(キョロキョロ…) 」 (←まだ探してた)


カリンカ 「・・・・・(-_-;) す・・・すごい… 本当に一度に8人集まっちゃった・・・」


(全員に事情を話すカリンカ)

ロールちゃん 「な〜んだ そういうことならまかせてよ〜 カリンカちゃ〜んv( ●v<)−☆」
真ZER02 「フッ・・・お安い御用さ・・・」
シャドーウーマン 「及ばずながら協力させていただきます!」
ナンバーマンFスズキ 「 “パーフェクト勝ち”・・・ しがいがあるぜ・・・・」 (←?)
ライト 「・・・・・」 (←これは承諾と取っていいのか?)
スターマン総帥 「カリンカ君・・・ どうだい? この私と 『ロシア同盟』 を結成しないかい?」 (←話聞いてました?)
フォルテ 「頭数そろえるためだけってやつもいるがな・・・(-_- )」
(※だけってやつ→)ピカチュ 「これだけのメンバーが揃えば怖いものなしです〜」

カリンカ 「みなさん・・・ありがとう・・・(涙が頬を伝う)」

スターマン総帥 「(カリンカの方に歩いていき、その涙を拭い、手を取る) どうだい? この私と 『ロシア革命』 を起こさないかい?」

フォルテ 「なに言ってんだおまえ・・・(;-_-)  『ロシア同盟』とか『ロシア革命』とか… 」

スターマン総帥 「そして、クーデター成功の暁には、二人の将来を その血塗られた凍土の上で 誓おうじゃないか〜 はっはっは」

一同の心の声 「  意味不明にもほどがある・・・ (;-_-)(;-_-)(;-_-)(;-_-)(;-_-)(;-_-)( ++)←※ライト  」

カリンカ 「(顔が真っ赤になる)え・・・ 『二人の将来』って・・・ そっ そんな いきなり困りますわ(あせあせ) 父に相談しないと・・・」

スターマン総帥 「よしわかった! 私たちの関係を今からお父さんに話してくるよ!」

フォルテ 「いや違うだろ… (;-_-)  主旨それすぎだって… それに『関係』も何もねーだろ… 」


スターマン総帥 「さあ! ものども!! 出陣じゃぁあああああああああああ」

((((;-_-) ((((;-_-) ((((;-_-) ((((;-_-) ((((;-_-) ((((;-_-) (((( ++)  ((((((( ▽☆▽)「は〜っはっはっはっはっは」

カリンカ 「(一行を見送りながら) 皆さん・・・がんばって・・・。 」


遠吠えで見送るゴスペル・・・・

8人の勇者が・・・

ニューコサックキャッスルに挑む・・・・。



カリンカ 「はっっ!!!(;▽□▽) 結局ライト博士にバレちゃってる!!!  ・・・もういいわ…(;-_-) やぶれかぶれよ… 」

 

第三話へ   小説ページへ