×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE KING OF PIKATYER 2001

準決勝

準決勝 第一試合  VS 仮面マニアーX

「(微笑…) 電気・・・ 苦手らしいな?(バチッバチッと放電)」

仮面マニアーXの心の声 「  このものは ひとすじなわに いかぬよう [※この者は 一筋縄に いかぬ様] このしょうぶ すべてははじめの こうぼうで… [※この勝負 全てははじめの 攻防で… ]

「カチャッ!」 『ソードマニア』 「 決まる!(字余り) 」

FIGHT!

「 い き な り だ が 終 わ り に す る ぜぇえ !!!!(放電しながら走り込む!!)」

「カチャッ!」 『トリックマニア』

「!!?」

(P´の前に7人の仮面マニアーXが出現!!)

P´の心の声 「  ちぃい〜〜(マニアー達に目を配りながら) ひと流れだ! ひと流れでもこのオレの電気が通れば―――――――  」

「くそっ 手 当 た り し だ い だ ぁ あ あ !!!!(バリバリバリバリ!!!!順々にマニアーに電撃を当てていく!)」

(電撃により、次々消えていくマニアーの分身!)

「バチッ!!」

「(ピクッ!)手ごたえあったぜぇ!!(バリバリバリ!!!)」

(バリバリバリ…と感電するマニアーがフッと消える、そこには 電気を浴びる刀 だけが立てられている!!)

「っ!!!(◎ ◎)(背後にス〜ッ…と本体のマニアーが現れる…)」

P´の一瞬の心の声 「  (刀へと流れ続ける自分の電撃) 避雷針―――――!!!!!(◎ ◎;)  」

仮面マニアーX 「(P´の背後でカルタの歌をつぶやく…) 『たたかいは おくしたものが まけるのだ』 [※戦いは 臆した者が 負けるのだ] 」

「カチャッ!!」 『ファイナルマニア』

「ガァアアアアアアアア」 (荒れ狂うアーマー・アルマージが地面からス〜ッ…と出現!!!)

(アルマージ、変形して球体になり高速回転! マニアー、バッと真上に跳躍!)

(空中のマニアーの周りを四方八方に飛び交うアルマージ!!)

(マニアーも身を抱え込み、回転しはじめる!)

(アルマージが飛び過ぎていく毎に、マニアーの回転が加速!!)

(やがてアルマージと共にマニアーも四方八方に飛び交いはじめる!!!)

(P´の真上を狂ったように四方八方に飛び交い、行き交う二つの球体!!!!)

(マニアーはP´の前方10メートル先、アルマージは後方10メートル先に降り立つ!)

「キキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキ…(それぞれその場で大回転…!!!!!)」

「ギャルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルゥウウウウウウウウウウンンン(P´に向かって同時に突撃!!!!!)」

「 バ ァ チ ィ イ イ イ イ ン ン ン!!!!!!!!(P´を挟み撃ち!!!!!!)」

「ァアアガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ…(白目、飛び散るヨダレ、二つの回転体に挟まれ振動する身体!!!)」

(最後に、マニアーの回転がパッと終わり、空中でP´に二段蹴り!!背後の回転しているアルマージに押しつける!)

「ギャルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル(P´を回転に絡め取り、もろともに観客席へ…) 」

その軌道上の観客達 「うわわぁああああ〜\(◎○◎\) \(◎○◎\) (/◎○◎)/(/◎○◎)/(/◎○◎)/(飛びのいたり、逃げ惑ったり大混乱!)」

P´「(アルマージと回りながら)クァァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア(ドゴォオオオオオオン!!!観客席の最上部に衝突!!!!)」


・  ・  ・  ・  ・  ・ 。


(尻餅をついて呆然としている観客たち… 観客席に残る最上部へと続く削られた道…  その道の先に立ち昇る砂煙… )


アーマー・アルマージ 「(砂煙の中からムックリと起き上がる、その足元にはP´が倒れている) ガァアアアアアア〜〜!!(勝利の慟哭!!)」

仮面マニアーX WIN!!

仮面マニアーX 「(遠方で吼えるアルマージを背後に腕をクロス(X)させ決めポーズ!) わがしょうり かってかぶとの おをしめる! 」


準決勝 第二試合 ロール VS ロックマン・ハワード

ロックの心の声 「  (目が点、赤面、うつむき、滝汗) どっ・・・ どうしよう・・・ 女の人が相手だぁ〜・・・(あせあせあせ…)  」

ロールの心の声 「  (遠い目 ドリルマン戦のビジョンが次々浮かぶ)ドリルマン・・・ドリルマン・・・ドリルマン・・・ドリルマン・・・  」

ロール 「(目を閉じ、唇をかみ締め、肩を震わせる)ドリルマンンっ・・・ くっ・・・(スッ…と冷めた表情になって)この試合、棄権する。」

ロック含め場内一同 「 へ・・・? (・_・;)(・_・;)(・_・;)(・_・;)(・_・;)(・_・;)(・_・;)(・_・;)(・_・;)(・_・;)(・_・;)(・_・;)」

(ツカツカと帰っていくロール…)

ロック WIN!!

ロック 「 (呆然) ・ ・ ・ ・ 。 え? 勝ったの? オレ・・・? (・_・;) 」


ロールの心の声 「  あんな屈辱・・・・ はじめて・・・  なのに・・・・ なんなの・・・? この感情は・・・?  ドリルマン・・・(頬を染める…) こんな気持ち・・・・・ はじめて・・・・ … … (暗い退場口へと消えていく…)  」

 

決勝へ   小説ページへ