×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE KING OF PIKATYER 96

決勝戦 後編

ピカチュ 「トードマン…? トードマ―――――ン!!!(ペシャンコのトードマンの上にひざまづいて号泣)」

池原スカルマン 「ふはははははは おまえら全員 赤ちゃんと同じさ!!ふははははははははははははは」

ピカチュ 「・・・・m(__)m ・・・まだだ・・・ まだファイターはいる・・・」

場内一同の心の声 「!! …まっまさかピカチュのやつ・・・ 戦う気じゃ・・・(゜o゜)(゜o゜)(゜o゜)(゜o゜)(゜o゜)(゜o゜)(゜o゜)(゜o゜)(゜o゜)」

「ダダダダダダダ…(実況席に猛ダッシュするピカチュ)」
場内一同 「?」
(マイクをつかむピカチュ)

実況
ピカチュ 「まだファイターはいます!いるじゃないですか!忘れましたか?! そうです!!フォルテ選手です!!!」

(会場を後にしようと荷物をまとめているフォルテの背中に場内一同の視線一点集中!!)

フォルテ 「はっ!!!? 俺ぇっ!!?( ▽「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽;)(振り向き叫び)」

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお(大歓声)」

フォルテ 「 (大歓声にかき消されて、はじめは口パク)…ぁああ!!勝手に決めんなぁあ ボケどもぉおお!!!(メ∇「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]∇;) 」

「 フォ〜ル〜テっ! フォ〜ル〜テっ! フォ〜ル〜テっ!(手拍子まじりのフォルテコール) 」

実況
ピカチュ 「いっけぇえ〜!フォルテぇえ〜!!!!池原スカルマンをやっつけちゃえ〜vvvv」

フォルテ 「ふざけんなくそネズミぃいいい!!!( ∇「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]∇メ)」

池原スカルマン 「フッフッフ・・・ フォルテだろうが何だろうがロックマンをもとに作られたロボットなど… 赤ちゃんと同じさ・・・」

フォルテ 「 (ピクッ) あっ・・・・? 今 何つったおまえ・・・・?」

池原スカルマン 「 (声を張って)ロックマンをもとに作られたロボットなど 赤ちゃんと同じさ!! 」

フォルテ 「おまえちょっとこっち 来 い や ゴ ラ ぁ ぁ あ !!!!!!!!!(会場がヒクぐらいのマジギレ)」

池原スカルマン 「フ・・・俺はチャンピオンだぞ? 挑戦者であるおまえこそがこの闘技場に上がるべきだろ?」

(フォルテ 無言のままフォルテジャンプ(2段ジャンプ)で闘技場に見る間に降り立つ そして池原スカルマンにガンをとばす)

池原スカルマン 「フッフッフ・・・ 真のチャンピオン決定戦と行こうか!」 

場内一同 「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお(大盛り上がり)」

実況
ピカチュ 「さ〜 フォルテ選手 ようやくその気になったようです!! 池原スカルマン選手 VS フォルテ選手 !! 事実上の決勝戦!!まもなく試合開始です!!」

FIGHT!!

フォルテ 「言っておくが・・・ “死闘” にする気はないぜ・・・? チャンピオン・・・」

池原スカルマン 「?」

フォルテ 「(ダッシュ) 半透明無敵状態無視ぃいい…(ダダダダダダ…)」

池原スカルマン 「フン・・・ (スカルバリアーを張る) 」

フォルテ 「 “話の盛り上がり” とか無視ぃいいいい…(ダダダダダダ…)」

池原スカルマン 「?」

フォルテ 「ついでにスカルバリアー無視ぃいいいいいい!!!!(ダダダダダダ…)」

池原スカルマン 「!!! なっ」

「  エ  リ  ア  ル  レ  イ  ブ  !!!!!!! 」

GAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGA GAOOOMM!!!!!!



(静まる場内)



誰ともなく呟く 「しゅ・・・ 瞬殺・・・・ (゜゜;)」








−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

僕たちは・・・ 夕闇の中 会場を後にするフォルテの背中を見送っていました・・・

「 フォルテ・・・ 君こそKOP96のチャンピオンだ・・・・・ 」

その言葉は・・・ 彼に届くことはありませんでした・・・・

なぜなら それは僕たちみんなの 心の声だから・・・・


いつまでもその思いを・・・・・ 胸に秘めておきたいから・・・・・・


『THE KING OF PIKATYER 96』 閉幕――――――――

 

小説ページへ