×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE KING OF PIKATYER 97

Aブロック

Aブロック: トードマン VS ピカチュエディえもん VS ロックマンキラー

(選手入場)

トードマン 「・・・・(ヒタヒタと入場)」 (←あいかわらず無口)

ピカチュ 「と・も・か・く っ一回戦突破目指すぞエディえもん!!」
エディえもん 「フフフフ・・・ 大〜丈〜夫だよ ピカチュく〜ん〜 ボ〜ク〜が〜つ〜い〜て〜る〜よ〜〜〜」

エンカー(首)「おいおいおい ロックマンが出場しないのに合体した意味があったのかオレたち?!」
バラード(首)「フン・・・ロックマンを倒す前の余興には丁度よかろう・・・」
パンク(腕)「アイムパンク!」
エンカー(首)「バカっ!パンクおまえはしゃべるな!グラグラするだろうが!バランスが悪いんだよ」

(闘技場に上り、それぞれ位置につく…)

FIGHT!!
(トードマン、ピカチュ、エディえもん(←おまえは別にいいだろ…) それぞれ身構える)

エンカー(首)「はははは やる気満々だなぁ? カエル、ネズミ、電子ジャーの分際でぇ!」
バラード(首)「貴様らにいたっては 『余興』 にもならん 負けを認めて消えろ」

ピカチュ 「(ムカッ!)なっなにをー!!エディえもん!やつらを倒す特殊武器を出して!!」

エディえもん 「ピカチュくん! 今、あの人ボクのことを『電子ジャー』って『電子ジャー』って言ったよ!!『未完成』って言わなかった『未完成』って言わなかったよ〜!! うう…(感激の涙)」

ピカチュ 「あ〜うるさいうるさい いいから武器出せやボケぇ!!」

エディえもん 「ッチ〜ン!(※鼻かみ)…フフフフ・・・ も〜 せっかち君だな〜 ピカチュくんは〜〜〜」(←「ボケぇ」もOKなんだね…(-_-;))

(パカッッ ポン!)

『 ロ 〜 リ ン グ カ ッ タ〜〜〜〜 』

ピカチュ 「・・・(-_-;) おまえさ・・・ 『特殊武器』って言ったらそれしかないんか・・・」

エディえもん 「こ〜の ロ〜リングカッタ〜は〜 あ〜た〜ま〜につけて〜…「あ〜うるさいうるさいわかってる!わかってるからっ!!(説明を遮ってさっさと頭に装着するピカチュ)」

ピカチュ 「くらえ!!ローリングカッター!!(シャリリリリ〜ン!)」

「キキキーン!!」

ピカチュエディえもん 「(゜゜)(゜゜) (はねかえって彼方へ飛んでいくローリングカッターをぼう然と仰ぐ)」

・  ・  ・  ・  ・  。 

ピカチュエディえもん 「あれ?」

エンカー(首)「はぁ〜…(溜息) おまえらさぁ… ちゃんとエントリー紹介読んだのか? このボディーにはおれ(エンカー)の装甲素材が使われてんの!特殊武器は効かねぇんだよ!」

ピカチュ 「っっ!!!うぁあああ そおだったぁああ(頭かきむしり) はっ! そっそれじゃあ…(エディえもんの方を見る) いっっ 意味ねぇええ!こいつと組んだ意味ねぇええええ(滝涙) せっかく我慢してこんな未完成ロボと組んだってのにぃい〜(T○T)」

エディえもん 「(プチンッ!)ボクは未完成ロボじゃないぞぉおおお!!!(早口怒り)」

ピカチュ 「やかましいこの役立たずの未完成電子ジャーがぁあああ(怒怒怒)」

エディえもん 「っっっ…こっ・・・こなくそーぉおお(跳びかかる)」

ピカチュ 「てめ どこ出身なんだよ!こなくそーぉおお(取っ組み合いになる)」

「バキバキドカドカドカカズドドドドスボキボキメキメキガコガココ・・・・・・」

ロックマンキラー 「・・・・(-_-;)(-_-;)」

エンカー(首)「(;-_-) 放っておいても勝手に自滅しそうだなこいつら・・・」
バラード(首)「(-_-;) だな・・・」

エンカー(首)「よ〜し!じゃあ あの さっきからずっとボ〜っとつっ立ったままのボケ蛙を殺るか!(トードマンの方を向く)」

ピカチュ 「(ピクッ!)(エディえもんへの拳を止める)・・・・ 『ボケ蛙』 ・・・だと・・・?」

ロックマンキラー 「?(ピカチュの方を向く)」

ピカチュ 「俺やこいつ(エディえもん)のことを・・・『ネズミ』だの『電子ジャー』だの『ドブネズミ』だの(※誰も言ってません) 『未完成ロボ』だの(→これを聞いてピカチュの腕でもがくエディえもんを押さえ込みながら話し続ける→)言うのはかまわねー・・・ だがな・・・トードマンのことを『ボケ』とか『デブ』とか(※言ってません)『チンシンザン』とか(※あなたです言ってるのは)言うやつぁー 俺はゆるさねー・・・。 たとえ のりさん が許しても!!このTFC[トードマン・ファン・クラブ]ナンバー996のピカチュはゆるさんぞぉおああああ〜!!」

ロックマンキラー 「・・・・(-_-;)(-_-;)」

ピカチュ 「(トードマンの方を見て)トードマン!こいつらに御見舞いしてやろっ! ボクたちの合体技っ! そう・・・あの伝説の・・・ 『KOP95フィニッシュ』 を!!!」

トードマン 「 ( 全てを承知したかのように、腰フリ開始 ) 」

ロックマンキラー 「・・・・(-_-;)(-_-;)」

ピカチュ 「っぃくぜ!!(ガシッとエディえもんをつかみ!ロックマンキラーに投げつける!)」

エディえもん 「ひぎゃあああああドブネズミぃいいいいいい(怒&涙)」

エンカー(首)「へっ!そんなもの! (スクリューのこぎり(パンク)を振り上げてエディえもんをガコ〜ンと弾き飛ばす!!) 」

エディえもん 「っっっ――――――――――――――― (白目&大口&涙&よだれ) 」

エンカー(首)「フン・・・(目をつぶって笑みを浮かべる)」

ロックマンキラー 「っ!!!!!!!!!!!!!! (◎ ◎) (◎ ◎) 」

(スクリューのこぎり(パンク)を振り下ろしたその目の前にサマーソルトスカルダイバー体勢のピカチュが飛び込んでくる!!)

バラード(首)「しまった!パンクが死角にぃっ!!電子ジャーを投げたのはこのためか!!!っぐわぁあ(ズバババババババ!!!!)」

ピカチュ 「(後ろを振り返る)いまだ!!トードマン!!!」

(トードマンの 腰振り は既に終わっていた)


ポタ・・・ ポタ・・・


ザアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア


(闘技場中に容赦なく降り注ぐダメージ地獄級のレインフラッシュ)


ピカチュ 「 (声にエコーがかかる) これで・・・ これでいいんだ… だ… だ…(無数の雨粒の中に消えゆく ピカチュの涙…)」

エディえもん 「ひぎゃあああああああボケガエルぅうああああああ(白目&涙&よだれ)」


・  ・  ・  ・  ・  ・  。


ロックマンキラー 「・・・・(-_-;)(-_-;)(滴り落ちる雨粒)」

エンカー(首)「(-_-;) いや・・・・だからさ・・・ 効かねぇんだって特殊武器・・・」

・  ・  ・  ・  ・  ・  。


・・・・・こうして・・・・

僕たちのAブロックは・・・

ロックマンキラーの圧勝でその幕を閉じた・・・・。 (あほか)

 

 

Bブロック

Bブロック: Drライト VS 真ZER02 VS シャドーウーマン

実況
ピカチュ 「え〜… さきほどの試合で敗北いたしましたが、E缶飲んで復活したピカチュですどうも おはこんばんちは。 これより前回同様また実況を勤めさせていただきます〜。」

場内一同の心の声 「 またかよ・・・(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;) ( はじめから実況で出ろよ… ) 」

実況
ピカチュ 「さ〜てBブロックは 優勝候補の一角 真ZER02選手! 『KOP』初の女性ファイター シャドーウーマン選手! そして、“かえってきた” 白ライト選手によるバトルロイヤルです! さ〜 3選手がそれぞれ位置につきました!」

Drライト 「・・・・」 (←あいかわらず無口)

真ZER02 「・・・・(目をつぶって腕組み)」 (←いい男は口数少ない) (←ライトとは随分あつかい違うな…(-_-;) )

シャドーウーマンの心の声 「 ・・・・(もじもじしながら真ZER02をチラッチラッと見ている)・・・し…真ZER02さんって・・・ボディーの色が赤いなぁ・・・v ブルースさんと同じ色だぁ・・・v ・ ・ ・ ・ ・ っはっっ!!! ブルースさんっていつもサングラスをかけてるからどんな顔だかハッキリしない・・・ もっ もしあの丸いヘルメットの中に長い金髪をいつも束ねて入れてるとしたら・・・ まさか・・・ まさか・・・・ ブルースさんは・・・・ しっ 真ZER02さん・・・!??(ドキドキドキ…v) 」 (←※妄想癖の強い子)

FIGHT!!

Drライト「(身構える)」


シャドーウーマン 「(真ZER02の方を向いて)・・・あ・・・あの・・・(うつむきながらもじもじ…)」

真ZER02 「…?(腕を組んだまま片目を開けてシャドーウーマンを見る)」

シャドーウーマン 「そ・・・その・・・(もじもじ…)」


Drライト「・・・・」 ( 真ZER02とシャドーウーマンの二人だけの世界。 完全に無視されているライト(爆笑) )


シャドーウーマン 「・・・も・・・もしかして・・・ し・・・真ZER02さんって・・・・・(ドキドキドキ…vv) ブ・・・ブルースさんです・・・か?(頬を染めながら上目づかい)」

真ZER02 「・・・・(ちょっと驚いた顔をしてから、フッ…と笑い) ・・・さあ ・・・どうかな?(微笑)」

ピカチュシャドーウーマン 「 っ!!(ドッキュ〜〜ンvvvvv) 」

場内一同 「なんでネズミも ときめいてんだよ!!!(全員総立ちツッコミ)」

実況
ピカチュ 「いやぁ〜んv 真ZER02さまぁ〜んvv いったい今まで何人… いや何匹のネズミを泣かせてきたことかぁ〜んvvv」(←おい)

シャドーウーマンの心の声 「 ブルースさんかもしれないんだブルースさんかもしれないんだブルースさんかもしれないんだぁ〜(>_<)(ドキドキドキ…v) (チラッと真ZER02を見て、あわてて目をそらす) ああ〜 どうしよう〜こっち見てる 見てるぅう〜(ドキドキドキ…v) 何か 何か言わなきゃっ 言わなきゃぁあ ええっと〜 ええっと〜〜〜〜〜〜〜―――――――・・・(ドキドキドキ…vv) 」

真ZER02 「(ボソッ…)俺は剣を・・・」

シャドーウーマン 「えっ?(ドキンッvv)」

真ZER02 「いや・・・拳を極めし者・・・・ (カッと目を見開き!いきなり黒ゼロ化!!!)」

シャドーウーマン 「っっ!!! 黒ぉおおおおおおおおおおおおおお!!!!!(涙白目叫び)」
(↑※ブルース=赤=真ZER02と思い込んでいたため、思わず「黒」という奇声を出すシャドーウーマン)

「バキバキドカドカ ドカカ ズドドド ドス ボキボキメキメキ ガコガココ ッバッシ〜ン!!!!」

シャドーウーマン 「っっ・・・・そ・・・そんなぁ〜・・・・ ( 白目、大口、飛び散る涙・・・ ドサッと倒れ落ちる ) 」

場内一同 「めっ めった打ちぃいいいいいいいいいい????????????(全員総立ちで白目叫び)」

場内一同の心の声 「 さんざん相手の女の子たぶらかしといて、いきなり黒ゼロ(暴走)かよ・・・(汗) あ・・・ありえねぇ〜・・・ やっぱり総合掲示板利用者の化身キャラはわけわかんねぇ〜・・・(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;) 」 (※前例:スターマン本部長)

(暴走)
真ZER02 「 ( キッ!とライトの方を見る ※まだ暴走中 ) 」

( 身構えるDrライト )

(暴走)
真ZER02 「 (片ヒザを上げ、スゥ――――ッとライトの方に移動・・・ ) 」

場内一同の心の声 「 まっっ ま さ か !!!!!!!!!!!(▽□▽)(▽□▽)(▽□▽)(▽□▽)(▽□▽)(▽□▽)(▽□▽)(▽□▽)(▽□▽) 」

(カッと光が広がる!)

「ズババキドガドガドガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ…

「 バ ッ キ ィ ―――――――――――― ン!!!!!! ( ※  瞬  獄  殺  ) 」

Drライト 「 ( 白目、大口、飛び散るよだれ・・・ ドサッと倒れ落ちる ) 」

(真ZER02、背を向け、そのバック(※背景)にドドン!と巨大な 「真」 の文字!)

実況
ピカチュ 「っきまったぁあああああああああ!!!!Bブロック勝者は真ZER02選手です!!やはり、ただでさえ敵わないのに、殺意の波動に目覚めてもいない白ライトでは敵うわけがありませんでした!!! なんで戻ったんや ライトぉお????? 」

(元に戻った)
真ZER02 「 ( シャドーウーマンを、お姫様だっこ しながら ) ケガは・・・ ないかい?」

シャドーウーマン 「・・・・ は・・・はい・・・v」

場内一同 「  な  ん  で  や  ね  ん ( 大ケガやがなそれ! ) しかも自分で傷つけといて 『ケガはないかい?』 てぇっ!!!!!!」




実況
ピカチュ 「おお〜っとここで! 文の量 節約 のために、別会場で同時進行していました↓

Cブロック: 
池原スカルマン VS ナンバーマンFスズキ VS ヨウヤクオロチノチニクルッタライトット

の結果が届いて参りました! ・・・・・っっっ!!!!(届いたメモの内容に驚愕) ・・・池原スカルマン選手とヨウヤクオロチノチニクルッタライトット選手に・・・ ナンバーマンFスズキ選手・・・ パーフェクト勝ちぃいい!!!!???」

( どよめく場内… )

実況
ピカチュ 「な・・・なんということでしょう! あの強豪2人に対し!パーフェクト勝ち(ノーダメージ)とは!! まさに噂どおりの “ミスターノーダメージ” !!! とんでもない猛者がKOPに参戦したものです!!!! とっ!いうことは! これで決勝バトルロイヤル出場選手が決定いたしました!! Aブロック代表 ロックマンキラー選手! Bブロック代表 真ZER02選手! Cブロック代表 ナンバーマンFスズキ選手! 以上の3名です!!!」

「わぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ(大歓声)」


決勝戦へ   小説ページへ