×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE KING OF PIKATYER 97

ファイナルバトル第三戦

「わああああああああああああああああああああああああああああああ(大歓声)」

エンカー(首)「へへ ようやくオレらの出番か!」
バラード(首)「しかも相手はクイント、つまり “ロックマン” だ! 絶 好 の “カモ” だな・・・」
パンク(腕)「ファッキュー・デーッド・メーン!!!」

(ロックマンキラー、HAPPYクイント、それぞれ闘技場に上がり、位置につく…)


(静まる場内)


池原スカルマン 「(片手をまっすぐ上げる) KOP97ファイナルバトル第三戦!!! ロックマンキラー VS  HAPPYクイント!!!! はじめぇええええええ(手を振り下ろす!!)」


「わああああああああああああああああああああああああああああああ(大歓声)」

実況ピカチュ 「さぁ〜 我々の運命のかかった最後の試合が始まりました!!! ロックマンキラー選手はその名のとおり “ロックマン殺し” !!バラード選手もおっしゃっていたように 相手は 『絶好の“カモ”』 です!!! イケイケ〜ロックマンキラ〜!! HAPPYクイントをやっつけちゃ・ ・ ・ ・ ・ え・・・?(゜゜;)」


(ロックマンキラー、仰向けに倒れたままピクリともしない・・・。 胴体には大穴が開いている・・・・。)


エンカー(首)「…――――――(白目) 」
バラード(首)「…――――――(白目) 」
パンク(腕)「…――――――――――― 」


( 絶句する場内 )




誰ともなく呟く 「しゅ・・・ 瞬殺・・・・ (゜゜;)」








「あははははv」



「あはははははははははははHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA…



(HAPPYクイントの笑いが場内に木霊する…)


池原スカルマン 「(手をかかげる)KOP97ファイナルバトル第三戦! 勝者!! HAPPYクイント!!!」

「HAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA…

池原スカルマン 「よってぇ! 2勝1敗で 我々 池原スカル・セレクション・ファイター チームの勝利とするぅ!!!!!」


( しんとする場内 )


池原スカルマン 「フッフッフ 貴様ら忘れてねぇだろうなぁ〜? 貴様ら側が負けた場合・・・ どうなるかぁ?」

HAPPYクイント 「あははははv (サングラスの奥でオドロオドロしく緑色に輝く目、 サクガーンは血[オイル]に染まっている・・・) 」


( 青ざめる場内 )


池原スカルマン 「それでは約束通り・・・・・・・・。 こ の 会 場 に い る 全 員・・・・・・・


( 震え上がる場内 )




「  赤  ち  ゃ  ん  と  同  じ  さ  !!!!!  」 さ… さ… さ…(※エコー)






−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こうして・・・ 僕たちのKOP97は・・・・

またあのガイコツロボに散々引っかき回され・・・

その幕を閉じた・・・・。


そのガイコツの言葉の後・・・


「  ふ  ざ  け  ん  なぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ(怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒怒)」


「また結局 『赤ちゃんと同じさ』 かよ!!!!!!」「それだけのメンバー率いといて結局 『赤ちゃんと同じさ』 かよ!!!!」「本気でビビッたじゃねぇかぁあああ!!!!」「だいたい『それでは約束通りこの会場にいる全員赤ちゃんと同じさ』って日本語おかしいだろ!!!!」「なんなんだてめぇはぁあああ!!!」「なんで赤ちゃんにこだわるんだお前はぁああああ!!!!!!」「もういいよ 別に『赤ちゃん』でも何でもぉおお!!!」「 『赤ちゃんと同じ』ってはじめから言えば済むだろぉ!!わざわざ3本勝負で決める意味がわかんねぇえ!!」「ボケぇえええ(怒怒怒)」「骨ぇえええ!!!(怒怒怒)」

などなどというツッコミが会場から沸きあがったことは言うまでもない・・・・。





シャドーウーマン 「 (夜空を見上げながら) ナンバーマンFスズキさん・・・・ ありがとう・・・・ v 」


彼女のその言葉は・・・

彼の耳に届くことはありませんでした・・・。


なぜなら彼はもう・・・

彼女の手の届かないところへ行ってしまったから・・・・。


それでも・・・

彼女はその思いを・・・

“愛” を・・・

その胸に育んでいくことだろう・・・・・。


そして、その思いは・・・

海を越え、山を越え、空を超え、宇宙を巡り・・・


彼のもとにきっと届くよ・・・・。


『THE KING OF PIKATYER 97』 閉幕――――――――

 

小説ページへ