×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE KING OF PIKATYER 99

第2試合

第二試合 スターマン総帥 VS シャドーウーマン

実況
ピカチュ 「さ〜て 気を取り直して第二戦!! 3年ぶりにKOPに復帰した我らがスターマン本部…もといスターマン総帥と! 誰にでも惚れる 『おいおいブルースはど〜した?』 とツッコミたくなる恋多きくノ一ロボット!シャドーウーマン選手の一戦です!!」

スターマン総帥 「いや〜 久しぶりのシャバの空気だな〜(大きく伸び) 」

シャドーウーマンの心の声 「  ・・・・まるで刑務所から出所した人みたい・・・(-_-;)  」

スターマン総帥 「(誰に話すでもなく)というのはね? 今までずっと宇宙にいたもんでね〜 はっはっはど〜もど〜も(観客に手を振る)」

シャドーウーマン 「・・・・(-_-;)」

スターマン総帥 「あの『KOP96』で池原スカルマンのバリアーに跳ね返されて “お星様” になっただろわたし? あれ実はね、跳ね返された訳じゃないんだよ〜? (誰も聞いてないのに勝手に説明をはじめる)宇宙の遥か彼方で、わたしを呼ぶ声がしてね、だからマッハで急行したんだよマッハで。 例えるなら〜♪ 空を翔る〜♪ 一筋〜〜の流れ星〜♪となってね はっはっは。いいかい?マッハでだよ?マッハ? わかるかい?音速のマッハだよ、マッハ」

シャドーウーマンの心の声 「  ・・・・どうして 『マッハ』 にこだわるんだろうこの人…(-_-;) ところで流れ星って本当に実際『音速』なのだろうか・・・? 流れ星・・・ 星・・・(総帥の額の星を見る) っはっっ!!! 星といえば黄色・・・ 黄色と言えばブルースさんのマフラー・・・ ブルースさんっていつもサングラスをかけてるからどんな顔だかハッキリしない・・・ もっ もしあの丸いヘルメットの中に額の星を隠し入れてるとしたら・・・ まさか・・・ まさか・・・・ ブルースさんは・・・・ すっ スターマンさ…ん・・・!??(ドキドキドキ…vv)  」 (←※あいかわらず強引な妄想)

シャドーウーマン 「・・・あ・・・あの・・・スターマンさん… (もじもじ…)」

スターマン総帥 「ああ 私のことは『総帥』か『本部長』か『眠れるシーサー』(←?)と呼んでくれたまえ♪」

シャドーウーマン 「あっ はい・・・。 そ・・・(頬を染めて)総帥…」

スターマン総帥 「ん?なんだい?」

シャドーウーマン 「・・・も・・・もしかして・・・ そ・・・総帥って・・・・・(ドキドキドキ…vv) ブ・・・ブルースさんです・・・か?(頬を染めて上目づかい)」

スターマン総帥 「ああ ブルース君かい? ブルース君はわたしと同じ同盟の同志だよ はっはっは」

シャドーウーマン 「ええええええええっっっvvvvvvvvv(ドキキンッvvv) ほっホントですか?????(ドキドキドキ…vv)」

スターマン総帥 「ああ そうだとも〜 はっはっは 『釣り同盟』 の」

シャドーウーマン 「釣りどぉおおめぇえええのぉおおおおおお?????????」

シャドーウーマンの心の声 「  ブ・・・ブルースさん・・・ 釣り好きそ―――――――――――っっ!!!!(;▽□▽) ( 盲点! )  」

スターマン総帥 「まあ冗談はさて置き はじめようかファイトを」

シャドーウーマン 「じょっ冗談―――――――――――っっ???????? (;▽□▽) うっうそだったんですか??? 」

スターマン総帥 「あたりまえだろこのドベっ! ブルースとはあったこともないわこのハゲっ!! ついでに言うなら『マッハ』ってのも大ウソだ! 音速なんてそう出せるわけないだろこのナマハゲッ!! 青森のナマハゲっ!!」 (←?)


・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 。


(シャドーウーマンの目からポロリと涙が落ちる)

シャドーウーマン 「…――――― ――… … … ・・・・・ひどい(涙ポロポロ) 」

スターマン総帥 「っっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!(凄い形相)」

場内一同の心の声 「  あ〜あ 泣かせちゃったよ あの星・・・(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)  」

( さめざめと泣くシャドーウーマン、 すごい形相のまま硬直するスターマン総帥、 )

スターマン総帥 「 (スッ…と無表情になる…) ・・・・・何億年ぶりだろう・・・ こんな美しい涙を見たのは・・・(遠い目) 」

場内一同 「 お っ  億  年  単  位  ?????????(全員総立ちで白目叫び) 」 ( さすが “星” だ…(-_-;) )

スターマン総帥 「(手を広げて) 皆さん! この彼女の涙に免じて! わたしはこの勝負! 彼女の勝ちとしたい!!」

シャドーウーマン 「っ!?」

場内一同 「 は ぁ あ ? (ーー) (ーー) (ーー) (ーー) (ーー) (ーー) (ーー) (ーー) (ーー) (ーー) (ーー) (ーー) 」

スターマン総帥 「(シャドーウーマンの涙を拭い) 君の勝ちだよ・・・(微笑) 」

シャドーウーマン 「・・・・・・」

( 振り返らずに手をちょっとスッと上げ、一筋の流れ星となって飛び立つスターマン総帥… それを潤んだ目で見送るシャドーウーマン… )

シャドーウーマン 「・・・・・ 総帥・・・v」  場内一同「なんでときめいてんだよ!!!」

 

第3試合   小説ページへ