×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE KING OF PIKATYER 99

第3試合

第三試合 ロールちゃん VS  KARATE003号

実況
ピカチュ 「今度こそ気を取り直して第三戦!! ピカチュのことが大嫌いになっちゃった(T_T)ロール選手(※何だかんだ言っても一応ロールちゃんが好きは好きなピカチュ) と、池原しげと先生オリジナルロボット!KARATE003号選手の一戦です!!」

ロールちゃん 「ああ!!あなたねぇ?! 池原ロールちゃんにバスターをくらわせたっていうひどい人〜!」

KARATE003号 「あの時はロックマンに本気を出させるためにやったまでのこと! 本気を出さないロックマンが悪いのさ!」

ロールちゃん 「むっか〜〜〜〜 なんですってぇ〜? ロールの仇はロールが取るわ!!!」

FIGHT!!

KARATE003号 「わたしのバスターをお前も受けてみるがいい!!(ドウドウドウ!!) 」

ロールちゃん 「キャー! (あわててしゃがむ、背後で爆発!爆発!爆発!)…(立ち上がる) この〜 やったわね〜 おいで!ラッシュ!」

ラッシュ 「ワン!」

ロールちゃん 「いくわよ!! 合体!!!」

「ガッシーン!!!」

KARATE003号 「ぎょっ!?」 (←※池原先生の漫画を読んでいる人ならわかるはず)

ロールちゃん 「 パ ワ ー ロ ー ル ち ゃ ん !!!」 (ガガガガ…とタイプされたように真上に POWER ROLL TYAN と表示される)

実況
ピカチュ 「出た〜!! ラッシュと合体パワーロールちゃん!!! しかし、自分で『ちゃん』づけするのはど〜かと思われます!」

ロールちゃん 「(KARATE003号をにらんだまま、ピカチュを見もせずに吐き捨てる)うるさいドブ…(メ )」

実況
ピカチュ 「・・・・・・(-_-メ)(舌打ちして 小声で…) ポニーがぁ…」 (←本当に好きなのか?)


KARATE003号 「おもしろくなってきたぜ・・・ いくぞ!ロケットチョ〜ップ!!!(ズンッ!!)」

ロールちゃん 「ふん だ!(バキッとパンチで叩き落す)」

KARATE003号 「やったなー!!スピンアターック(クルクルクル…)」

ロールちゃん 「何がクルクルクル〜よ (ガガガガ…とガードしながらチャージ)」

KARATE003号 「野郎〜 ウ ル ト ラ ま わ し 蹴 り !!!!(ブゥオオオオオオ)」

ロールちゃん 「 (スッ・・・とかわして) 危ないじゃないのぉおおお(「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽メ)(拳をくり出す!!!!)」

「ッドッゴーン!!!!」 
KARATE003号「ギャウ!!」 ( 吹っ飛ばされるKARATE003号 )

場内一同 「・・・・つえー・・・(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;) 」 ( まわし蹴り避けるのはパワー合体とか関係ないし… )

ロールちゃん 「ラッシュ!もういいわ!」 ラッシュ「ワン!(カチャーンと合体解除)」

( KARATE003号の方へゆっくりと歩いていくロールちゃん… )

ロールちゃん 「とどめは池原ロールちゃんの『ムチ』よ! えい!(ピシッ)」 KARATE003号「あっv(ガクッと事切れる…)」

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 。

場内一同 「いや なんだよ 『あっv』 って・・・・・・(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)」 


ロールちゃん 「・・・・・(-_-;) (ちょっと赤面…)」

 

第4試合   小説ページへ