×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE KING OF PIKATYER 99

準決勝 第1・2試合

準決勝 第一試合 真ZER02 VS シャドーウーマン

実況
ピカチュ 「さ〜て いよいよ準決勝!! 第一試合はなんと!前々回大会『KOP97』において、記念すべき最初の “暴走黒ゼロ” の犠牲者となったシャドーウーマン選手と、その “暴走黒ゼロ” を発動した張本人、真ZER02選手の再戦!! ある意味 因縁の対決です!! しか〜し!今回、真ZER02選手は、黒ゼロ人格を失っています! これはシャドーウーマン選手!借りを返す絶好のチャンスか〜?!」

( が! なんだかんだいっても甘いマスクを持っている真ZER02を直視できず、赤面しながらうつむいているシャドーウーマン )

シャドーウーマンの心の声 「  ダメッ・・・ ダメェっっ・・・(首を振る) なんてこと考えてるのわたし…(>_<) 試合が始まるのよ・・・! 集中しなきゃっ 集中しなきゃぁあ〜〜〜〜〜〜〜―――――――・・・(ドキドキドキ…vv)  」

真ZER02 「 (その様子を見ながらフッ…と微笑んでささやく…) 可愛いね…v 」

シャドーウーマン 「っっ!!!!(ドキキキンッvvv) 」

真ZER02 「俺も “総帥” に倣って、この勝負、その可愛さに免じて君の勝ちにするよ・・・(微笑)」

シャドーウーマン 「えっ!?(ドキンッvvvvv)」

場内一同 「 は 〜 ぁ あ あ 〜 ? (-"-)(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)(-"-)(-"-) 」

( 振り返らずに手をスッと上げて退場していく真ZER02… その背中を潤んだ目で見送るシャドーウーマン… )

シャドーウーマン 「・・・・・ 真ZER02さん・・・v」

場内一同の心の声 「  誰にでもときめくなあの子・・・・(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)(-_-;)  」

実況
ピカチュ 「・・・・・ 真ZER02さん・・・v」

場内一同 「 お ま え も か よ !!!!!!!!! 」


準決勝 第二試合 ロールちゃん VS ロックマンBY

実況
ピカチュ 「さあさあ続いて準決勝第二試合! KARATE003号選手との因縁の対決を征し!みごと池原ロールちゃんの仇をとったロール選手と、 “黄金の巨大ロボット” に搭乗した強敵トモカクナニカニクルッタライトット選手を仲間のムーンウォークマンを利用して(←言い方が汚い)勝利したロックマンBY[ブルーイエロー]選手の対戦!! 奇しくも “ロックンロール対決” と相成りました!!!(←自分では うまいこと を言ったつもりのバカネズミ)」

FIGHT!!

ロールちゃん 「ねぇ?あなたもアシストキャラいっぱい連れてるんでしょ?」

ロックマンBY 「うん いるよ 友達がね」

ロールちゃん 「じゃあ どう? ここはひとつアシストキャラをみ〜んな出して、一気にカタをつけるってのは?( ← 表現が荒っぽい(-_-;) ) 」

ロックマンBY 「そいつはいいね♪ わかったよ。 (両手を口にそえて) みんな〜〜 出ておいで〜〜〜」

( ラン&ウォーカーズ全員集合! )
ウォークマン 「 『いっつあそにー』 なんて俺の前で言ってみろぉ? 歩数ダメージくらわすぞ われぇ??」 (←何でいきなりキレてんだ?)
スキップマン 「スキップ♪スキップ♪ランランラン♪ (  『 はあ〜… 何がランランラン♪だ・・・ 何が人生だ… 何が… 』  ) 」
DASHMAN 「俺にダッシュで勝てる奴ァは存在しない!」
ステップマン 「あれ・・・?(キョロキョロ)これって 【第3回 世界ステップ大会】 じゃないの?」
ムーンウォークマン 「(T○T) ブル〜 御免よ〜 御免よ〜」 (←まだ引きずってたムーンウォークマン)
ハンドウォークマン 「 (逆立ちしてる) (ボ〜・ ・ ・ ・ ・) 」

ロールちゃんの心の声 「  ・・・・・(-_-;) 何なの?こいつら?  」

ロールちゃん 「よ〜し じゃあ わたしも! おいで〜v ラッシュ〜v ビート〜v タンゴ〜v 」

ラッシュ「ワン!」  ビート「ピ〜」  タンゴ「ニャンv」

ロールちゃん 「フフフ… ( ̄ー ̄)+(キラ〜ン…) いくわよ!ラッシュ!!」

「合体!」 「ガッシーン!!!」

ロールちゃん 「 ジ ェ ッ ト ロ ー ル ち ゃ ん !!!」 (ガガガガ…とタイプされたように真上に JET ROLL TYAN と表示される)

「シュゴゴ〜〜〜〜!」 (ブースターで上昇するロールちゃん!)

ロールちゃん 「フフフv あなた達は “ラン&ウォーカーズ” ! つまり、地べたで “走ったり歩いたりしかできない” 連中よね? こうしてジェットを使って空中にいれば手が出せないでしょ? さあ〜 ビート!タンゴ! あいつらを殺っちゃってv」 (←鬼)

ラン&ウォーカーズ 「 (゜゜)(゜゜)(゜゜)(゜゜)(゜゜)(゜゜)(゜゜) 」

ロールちゃん 「?」

「ブ――――――――――――――――――――――――っっ!!!!!(※鼻オイル)」

(ラン&ウォーカーズ、全員バタバタと倒れる)

ロックマンBY 「 ・ ・ ・ ・ ・ そっそうか・・・・・」

ウォークマン 「こ・・・これだったんだ・・・・」

スキップマン 「は・・・ハンドの “発作” の原因は・・・・」

DASHMAN 「やっと謎が・・・解け・・・たぜ・・・・」

ステップマン 「これ・・・て・・・ 【第3回 世界ステップ大会】 ・・・じゃ・・・ない・・・・の?」

ムーンウォークマン 「ブルー・・・・ 御免・・・・よ」

ハンドウォークマン 「〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・v」

(ラン&ウォーカーズ… 全滅…v)

実況
ピカチュ 「決まったぁああああああ!!! ロール選手! “アレ” を見せてラン&ウォーカーズを撃破!!! 見事なまでの瞬殺劇でした!!!」


ロールちゃん 「いや・・・・・、 別にそういうつもりじゃなかったんだけど・・・・・(-_-;) (ちょっと赤面…) 」

 

決勝へ   小説ページへ