×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スターマンフォルテ  第三章

最終話

「 アッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッアッ 」


(広場の端に白目でメリ込んでいる真ZER02… 白目でシグマダイルの足元に倒れているスターマン… のけぞり笑いのシグマダイル…)


フォルテの心の声 「  2人がかりでも駄目なのかよ―――――――(◎ ;◎ )  」

仮面マニアーXの心の声 「  八武会・ ・ ・  強すぎる・ ・ ・ ・  打つ手はないのか…!  」


シグマダイル 「(額にシワを寄せスターマンを見くだしながら)・・・・しぶとい小物だ・・・ まだ息がありやがる・・・ もう殺すのも面倒だ・・・ そのままそこで地下住民どもの断末魔を聞きながら のたれ死ね・・・(背を向け… 地下住民たちの方に歩み… 薄ら笑いを浮かべながら…)あ〜あ・・・ あんな小物[ほし]に願い事したばっかりに・・・・ 苦しみ・・・ のた打ち回り・・・ とち狂い・・・ 命乞いし・・・ 絶望し・・・ 最悪な最後を迎えることになっちまってぇ・・・・ 傑 作 だ な ・・・ アッ アッ アッ アッ アッ 」

(震え上がる一同… 足がすくんで動けない…)

シグマダイル 「(広場の中央まで来たところで立ち止まり、バッと手を広げ、空を仰ぐ) こ の 乾 き き っ た 大 地 に ・ ・ ・ 砂 漠 の ロ ク バ ス タ に ・ ・ ・  雨 を 降 ら せ よ う !  地 下 住 民 ど も の 血 の 雨 を !!!  恵 [みせし] め の 雨 を !!!!! 」

(しんと静まりきった中央広場… 失意と絶望の顔、顔、顔…)

シグマダイル 「(アイリスゲールを見る…) 美しい白衣の天使・ ・ ・  その雨でグショグショにムれろ・ ・ ・  そして・・・ その “見せしめ” を “戒め” に・ ・ ・  もう0二度と俺に刃向かうことがないように・・・ 永遠に俺の前に平伏せ・・・(不気味な笑み…)」

アイリスゲール 「 ・ ・ ・ ・ (青ざめ… 強張った顔… 言葉もない…)」

シグマダイル 「 ククク・・・ 


「 アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ アッ 」


シグマダイル 「(背後に殺気)―――――――――――っ!」        ◎ )             (☆ )


(ゆっくりと振り返るシグマダイル… 肩を落としたたずむスターマン…)


一同 「(◎ ◎;) (◎ ◎;) (◎ ◎;) (◎ ◎;) (◎ ◎;) (◎ ◎;) (◎ ◎;) (◎ ◎;) (◎ ◎;) (◎ ◎;) (◎ ◎;)(◎ ◎;) (◎ ◎;)」

シグマダイル 「 (;◎         ◎メ) 」


スターマン総帥 「(白目… 肩を落とし… 滴る血… ふらつく足… 肩を揺らしながら…) 血の雨じゃなく・・・ 星の雨が降る・・・」

シグマダイル 「 ・  ・  ・  ・  ・  は? 」

スターマン総帥 「(白目… ゆっくり歩み寄りながら…)わた・・し・・は・・・ … … 私は… … … おまえを・・・・倒し・・・ … … 我が・・・・ 同盟の・・・名を・・・ 世界・・・・に・・・ 知らしめ・・・・る… …! … …」

シグマダイル 「(無表情) ・ ・ ・ ・ ・ 狂ったか・・・。 てめぇのライフは残り1・・・ 俺のライフはフル状態に近い・・・ てめぇが俺に与えられるダメージは精々1ダメージ・・・ この状況下で『俺を倒す』? (無表情のまま…)笑わせるな・・・」

スターマン総帥 「(白目… 歩きながら…)・ ・ ・ ・ 1ダメージを連続で与えれば・・・ 倒せるだろ・・・・ (シグマダイルのもとに辿り着いて…)おまえを・・・(口の端で力ない薄ら笑い…)」

「ガァシィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイッッッ」 (スターマンの顔をわし掴むシグマダイル!!!!!!!!)

スターマン総帥 「――――――(メキメキメキ…と顔にめり込む指… 額の星にヒビ――――――…)

シグマダイル 「( ◎           ◎メ) いい加減にしろよてめぇ・・・ 何度言ったらわかるんだぁ? いったいてめぇは…


「 こ の 俺 を … … ど こ の 誰 だ と 思 っ て や が る ぅ…… … …(メキメキメキメキゴキグキグキ… … …) 」


「ガァシィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイッッッ」 (シグマダイルの腕をわし掴むスターマン総帥!!!!!!!!)


シグマダイルの心の声 「 !!!!???(腕にめり込むスターマンの指… …)… … ぐぅ… ぉお… どこにこんな力が…!!?? … … 」


「秘密犯罪会社…」


シグマダイル 「っ!!?」

スターマン総帥 「(顔をわし掴まれたまま…) … … 『ロックワークス』社長… … … ミスター00こと… … この遥か広がる広大な 『ROCK宇宙』 ・・・・ その富・・・ 名声・・・ 力・・・ “この世のすべて” の90パーセントを “八分” する8人の支配者・・・ “八 武 会” の 一 人 ・・・・


「 シ  グ  マ  ダ  イ  ル  … !!!!!!! 」


シグマダイル 「っ――――――――― ( ◎      ◎;) 」

スターマン総帥 「… … … … 知っている… … … … 知っているから こ そ だ !!!!!!!!! … … … 私は… その八武会[おまえ]を倒す・・・ みんなの・・・ 『夢』・・・ 『希望』・・・ 『願い』・・・ 『期待』を一身に背負い・・・ このロクバスタに降り立った “流 れ 星” ・・・・


「 ス  タ  ー  マ  ン  … !!!!!!! 」


スターマン総帥 「(シグマダイルの指と指の間から鋭い眼光――――――) お ま え を 超 え る 男 だ … !!!!!!!! 」


シグマダイル 「――――――――――――――――――――――――――(◎                   ◎) 」


スターマン総帥 「(メキボキボキ…とシグマダイルの腕に指をめり込ませ!!!!)うぉおおおおおおおおおおおおおおおああああああああああああ


(フッ・・・と宙に舞い上がるシグマダイルの体――――――――――――)


「 ズ ッ ダァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアンンンンンンンンン」


(摩天楼を遥か超す砂煙が立ち昇り!!!!!!!!!! 中央広場に大きな亀裂が走る―――――――!!!!!!!!!!!!!)

(中心にめり込んでいるシグマダイル――――――――――――――!!!!!!!!!!!!! )

シグマダイル 「ガハァアアッッッ(充血! 大口! 吐血!!!!)」


フォルテの心の声 「  ―――――――いくらなんでも『オートリカバー』の能力超えてるだろ――――(◎     ;◎)  」
ナンバーマンFスズキの心の声 「 ―――――――何なんだ――――!!?(◎;     ◎ ) あの人の―――――――  」
仮面マニアーXの心の声 「  ―――――この土壇場の底力は――――――!!????( ◎;     ◎)  」


「 ド ン ッ !!!!!!!!!!」 (空高く飛び上がるスターマン!!!!!!!)


(ロクバスタ上空―――――― 光り輝くひとつの星――――――――― ロクバスタ中の人々の視線が注がれる――――――――――)


スターマン総帥 「(大の字!!!! ロクバスタ中に響く馬鹿デカイ声で)  願  い  !!!!!!!!  叶  え  る  ぞ ぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお(「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]) 」


ロクバスタ一同 「(◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎)」


スターマン総帥 「 『  願  い  事 …(シグマダイルに向かって急降下!!!!!!!!!!!)―――――――――――――――――――――――――


「  流  星  群  』!!!!!!!! 」


ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ
(パンチの豪雨!!!!!!!!!! シグマダイルの体に降り注ぐ―――――――――――――――――――――――――――
シグマダイル 「ぐがぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ガガガガガガガガ「ぐがぁああ」ガガガガガ「ぐががががががががが」ガガガガガガガガガガガ「がぁああうがあああああああああ」ガガガガガガガガガガガガガガガ「ぎぎぎぎあががががががが」ガガガガガガ「ぐげげががががががぎぎぎぎぎぎぃいがっがああ」ガガガガ「げげががががががあががが」ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ

スターマン総帥 「(殴りながら)…ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …

フォルテ 「(◎; ◎;)あいつ―――――― 何かブツブツ言ってるぞ――――!!??」

スターマン総帥 「(殴りながら)…ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …ぶん …のぶん …のぶん…のぶん …のぶん …の分 …


地下住人の少年 「あっ! ボクの名前・・・(◎  ◎) 」

アイリスゲール 「っ!!??」

地下住人の老人 「っ! 今、ワシの名を言ったぞ…(◎ ◎;) 」

アイリスゲール 「まさか――――――――――――(◎  ◎;) 」


スターマン総帥 「(殴りながら)メットじいさんの分ペンペンの分ブブカンの分ガツ夫の分ダグラスの分やみたろうの分やみじろうの分ヤイトちゃんの分…


フォルテ 「・・・・『願い事流星群』・・・ あの一発一発が全員分の流れ星ってことか・・・・ バカが…」

アイリスゲール 「スターマンさん―――――――――――(◎  ◎;) 」


スターマン総帥 「…の分黄ゼロの分緑ゼロの分ナイチンロールちゃんの分ナイチンキャスケットちゃんの分ナースロールちゃんの分ロックマンメガネ君の分うっどさんの分ビックアイじいさんの分エディの分ライトット親父の分ナースサロマさんの分白井みゆきさんの分ナイチントロンさんの分…(ガガガガガガガガガガガガガガガガ「ぐがぁああああああががががががががが」ガガガガガガガ「ひぎぎぎぎがががががぁああああ」ガガガガガガガガガガガ「ガががががぁああげげげぎぎぎげげげぇええあああああ」ガガガガガガガガガガガガ「ががが」ガガガガガガガガガガ「ごごががが」ガガガガガガガガ「ごぁああ」ガガガガガガガガガガガ「ごぉ」ガガガガガガガガガガガガガガ「ごごごぉお」ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ「が」ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ)…の分モールの分ジャマシーの分カットさんの分ファイアさんの分シャークさんの分ナン婆さんの分ケロッグの分

「 カ ー ネ ル ゲ ー ル の 分 ――――――――(ドゴォオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!)」


アイリスゲール 「―――――――――――――――――――――――――――(◎         ◎;)」


「…の分エイリアさんの分ラッシュの分ろーるちゃんの分チビトットの分エアーさんの分さんだーさんの分サンダーじいちゃんの分とろんちゃんの分…

アイリスゲールの心の声 「 (口を押さえ、ガクッと両ヒザを着く――)… … …死んだ人達の―――― 名前を―――――(溢れる涙) 」

「…ゼロの分茶ゼロの分青ゼロの分桃ゼロの分ゼロールの分ゼロードの分ゼロナードの分白ゼロの分金ゼロの分銀ゼロの分ギガゼロの分メガゼロの分…

真ZER02の心の声 「  『ロックワークス』 に狩られたゼロ達の名か――――――――――(胸に手をあて黙祷―――――――)  」

「 踊 り 子 ロ ー ル ち ゃ ん の 分 ――――――――(バキィイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!!!!)」

(騒ぎを聞きつけ駆けつけたロクバスタの人々の中の)踊り子ロールちゃん 「――――――――――(◎   ◎;)」

(ロクバスタの地“上”世界の住人の名前まで呼び始めるスターマン―――――――――――)

「俺の名前だ!?」 「何で知ってるんだあのスターマン!!?」 「あたしも呼ばれた!」 (ざわめくロクバスタの人々…)

ドップラー 「そうか・・・・ 手術の後、ロクバスタの全住民票のデータと、死亡者リストデータを注文したのはこのためじゃったのか…」

(拳がつぶれながら、腕が爆発しながらも なおもパンチの豪雨を叩き込み続ける総帥――――――――!!!!!!!!!!!!!)

ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ「ぐがぁあ」ガガガガガガガガガガガガガガ「ぐが」ガガガガガガガガガガガガガ「ぐ」ガガガガガガガガガガガガガガガガガ「ぎ」ガガガガガガガガガガガガガガガガガガ「ご」ガガガガガガガガガガガガガガガガ「ごっ」ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ「がぁ」ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ「ぎ」ガガガガガガガガガガガガガガ「ぎぎ…」ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ
「ローユの分さろまちゃんの分メイメイの分チビデカオの分ネットの分ヴォルの分パトラの分キキの分ピー子の分テクノの分エレたんの分ロッくんの分…

「 ナ イ チ ン ケ イ ン の 分 ――――――――(ドガァアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!)」

ドップラー 「ケイン… 呼ばれたぞ・・・ “おまえの夢[なまえ]”・・・(溢れる涙…)」

「 ド ッ プ ラ ー じ い さ ん の 分 ―――――――(バキィイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!!!!!!)」

「 真 Z E R 0 2 さ ん の 分 ――――――(ボゴォオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!!)」

真ZER02 「――――――――――(頬を伝う涙… 苦笑い…)」

「 ア イ リ ス の 分 !!!!!!!!!!(突き上げアッパー!!! ゴガァアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!)」


アイリスゲール 「――――――――――――――――――――――――――(涙)」


(アッパーで宙に舞い上がるシグマダイルの身体・・・・)


スターマン総帥 「(目元に降りている影―――― )最後は “俺の分” だ―――――――( グ キ ッ ッ ッ と 拳 を 握 る )


「 ど う か ―――――――――――――

「 こ の “一撃” で ―――――――――

「 同 盟 の 名 が ――――――――――― (大きく拳を振りかぶる――――――――

「  世  界  に  ――――――――― ( ド ン ッ !!!!!!!!!!!!と大きく踏み込む――――――――――


「 と ど ろ き ま す よ う

にぃっ(ゴッッッッッ)

(総帥の拳が顔面にめり込みひしゃげたシグマダイルの顔!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)


「バァアアアアアアアアギィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ―――――――――――――――


(空の彼方へ飛んでいくシグマダイル――――――――――――――


シグマダイル 「(充血!充血!充血! 体がバラバラに分解しながら)―――――――――バガなぁあああああああああああ あんなあんな小物[ほんけ]のスターマン族などにぃいいいいいいいいいいいいいい 俺 が こ の Σ[オレ] が 八 武 会 の こ の Σ[オレ]がぁあああああああああああああああああああああ あ り え ん  あ  り  え ぇええええええええええええええええええええええええええええええええええ


(シグマダイル、消滅―――――――――――――――――――――…… … …


・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・ 。


・   ・   ・   ・   ・ 。


・  ・  ・  ・ 。





誰ともなく 「  ・  ・  ・  ・  やった・ ・ ・ (゜゜;) 」


・   ・   ・   ・ 。


ロクバスタ一同 「やったぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」


「うぉおおあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ(大大大歓声 拍手喝さい雨あられ!!!!!!!)」

「本当に勝っちまいやがったあの星ぃいいい!!!!」「すげぇうそだろ信じらんねぇええ!!!!」「“八武会”だぞ“八武会”!!???」「流れ星さまあああああああ!!!!!!」「総帥大好きぃいいいvvvvvvvv」「愛してるぜ総帥ぃいいいいい」「流れ星ぃいいいいいい」「スターマ―――ン」


スターマン総帥 「(大歓声、紙吹雪が舞う中… 殴り過ぎてボロボロの腕を上げ… ひしゃげた指を立て…)… … … …


「 ジ ャ パ ン ・ ア ズ ・ ナ ン バ ー ワ ――――――――――――――――― ン!!!!!!!!!!!!!!!」


・   ・   ・   ・   ・  (※直訳 『ナンバーワンとしての日本。』 )


「っ…」


ロクバスタ一同 「わああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

(大歓声、拍手喝さい雨あられ ※みんなハイテンションなので何を言っても盛り上がる(笑) )

「ナンバーワ――――ン!(>▽<)」「ナンバーワ――――ン!(>▽< )」「 ナ ン バ〜… ワ――――ン!( >▽<)」 「ナンバワ〜ン!\(▽)/」

ロクバスタ一同 「ナンバーワン!ナンバーワン!ナンバーワン!ナンバーワン!ナンバーワン!(謎の一同 『ナンバーワン』 コール)」

スターマン総帥 「 \(▽ ☆ ▽)/ ナンバーワン!ナンバーワン!ナンバーワン!ナンバーワン!ナンバーワン!ナンバーワン!」


「んっ?」 (大きく踏み込み、地面にめり込んだ足を見るスターマン…)


「ピキピキピキ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――(総帥を中心に亀裂…)」


スターマン総帥 「(滝汗) た ・ ・ ・  た ・ ・ ・ 


「 退 避 ぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい(;▽;「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄];▽;) 」


一同 「?」


「ドゴォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ」


(中央広場 陥 没 !!!!!!!!!!!!!!! ※パンチの豪雨、最後の踏み込みが原因…)



「ピュ〜…」



「ドッパァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア( 大 噴 水 !!!!!!!)」


アイリスゲール 「こ・・・これは・・・・  ワ ク チ ン !!!!!!」

(陥没した中央広場から噴出す大量のワクチン!!!!!!! やがて巨大なワクチンの湖になる…)

「わ・・・」 「わ・・・」

地下世界の住人一同 「ワクチンだぁあああああああああああああああああああああああああああああvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv」

(ドドドドドドドドドドドドドドっと次々とワクチンの湖に飛び込む人々)

「ワクチンだ♪ワクチンだ〜♪」 「生き返る〜♪」 「これで俺たちみんな助かるぞ〜♪」 「ロクバスタが救われた〜♪」 「俺達は自由だぁああ」

(湖の真ん中でプカ〜…と水死体のように浮かんでいる総帥… ドドドドドドドドドドと人々が押し寄せ! 胴上げ!!!!!!)

「 わ〜しょい! わ〜しょい! わ〜しょい! わ〜しょい! わ〜しょい! わ〜しょい! わ〜しょい! わ〜しょい! わ〜しょい! 」

スターマン総帥 「(胴上げされながら)ははははははははは よせやいv くすぐったいやいvvvv \( ▽ )/」


アイリスゲール 「(その胴上げを遠く見据えながら)・・・ … …(静かに流れる涙… 微笑…)」

真ZER02 「アイリス…」

アイリスゲール 「つーくん…v」

真ZER02 「(微笑んで、アイリスの頭を胸に優しく押し付ける…)」


ナンバーマンFスズキ 「ハハハハハハハハうけたうけた本当に勝ってるし総帥ハハハハハハハハハハハハハハハハ(抱腹絶倒)」(←笑いすぎ…(-_-;))

シャドーウーマン 「(胴上げされてる総帥に熱い眼差し…)総帥…v カッコイ…v(ドキンドキンバクンバクン…v)」

仮面マニアーX 「これにて 一 件 落 着 〜」

フォルテ 「バカ星が…(笑)」


(バッと大きく胴上げされ!!! 空中で大の字になるスターマン!!!!)


スターマン総帥 「じじぃいいいいいいいいいいいいいいいいいい 私は勝ったぞぉおおおおおおおおおおおおおおおおおお(満面の笑みで滝涙) 」


おおお… おおお… おおお… (空へと響き渡る… 総帥の声… … …)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(02日後―――― ロクバスタ郊外―――――)

(同盟一行の旅立ち―――― 少し離れたロクバスタ寄りの場所にたたずむ真ZER02とアイリスゲールの02人――――)

アイリスゲール 「つーくん! これからはずっと一緒にロクバスタで暮らして行けるんでしょう?」

真ZER02 「・・・・(苦笑) ワルイ・・・。(クイッと親指で遠くの同盟一行の方を指す)」

(フォルテにうれしそうに飛びついているスターマン、白目叫びのフォルテ、笑う仮面マニアーXとシャドーウーマン、笑い転げるナンバーマンFスズキ、)

真ZER02 「(微笑みながら同盟一行を見据えている…)もう少しだけ・・・総帥[あのひと]と・・・ 同盟のみんなと旅がしたい・・・・。 」

アイリスゲール 「・・・・。 (ニコッv)待ってるv いつまでもv」

真ZER02 「・・・・(微笑)ありがとう・・・(歩き出す… 振り返らず片手を上げ)どっかのオリジナルのアイリスみたく・・・ 死ぬなよ・・・(笑)」

アイリスゲール 「(笑顔)もおっv つーくんったら〜vvv 」


(一行に追いつく真ZER02)

(わ〜いvとフォルテに跳びつくスターマン―――)

(白目叫びでスターマンを押しのけようとするフォルテ――)

(笑顔のシャドーウーマン―――)

(やれやれと肩をすくめる真ZER02―――)

(ハハハハと爆笑のナンバーマンFスズキ―――)

(字余りまくりで笑う仮面マニアーX―――)


[  砂漠を進む一行―――… 画面がどんどん引いていき… 地平線のかなたまで広がる広い広い砂漠の全貌が映る…  ]


(チャラチャチャ〜ン♪ チャン チャン チャン チャン♪ チャラチャチャ〜ン♪ チャン チャン チャン チャン♪ ※エンディングテーマ)
(チャラチャチャ〜ン♪ チャン チャン チャン チャン♪ チャラチャチャ〜ン♪ チャン チャン チャン チャ♪)

とおい〜〜♪ むかしの はな〜し〜でーす♪(歌:ゴダイゴ)
あたらしい〜♪ その〜 星〜が♪
いま〜〜♪ うまれて ぼくらのむね〜♪
つよく〜♪ て〜らして い〜るよ〜〜(チャラチャチャ〜ン♪ チャン チャン チャン チャン♪)
それは〜〜♪ ぼくらの ここ〜ろ〜に♪
あたらしい〜♪ ちへい〜せん〜を♪
さあ〜〜♪ めざせとおしえながら〜♪
ひろく〜♪ か〜がやいて〜るよ〜〜(チャラチャチャ〜ン…)
やみ〜〜を てらして♪ い〜る〜よ〜♪(ス〜タ〜マ〜ン♪スタ〜マ〜ン…)
けが〜れな〜い〜 ひか〜りが〜♪(ス〜タ〜マ〜ン♪スタ〜マ〜ン…)
き〜み だってぇ〜 みえ〜るよっ
TとKとJの星が〜〜〜〜 ああ〜〜…(チャンチャン♪チャチャチャン♪チャラチャラチャラチャラ♪)
ホ〜〜リ〜♪ ホ〜リ エン ブライト♪ スターマン イズ ア シュ〜ティングスタ〜♪
ホ〜〜リ〜♪ ホ〜リ エン ブライト♪ スターマン イズ ミスタ ティー ケー ジェ〜♪
ホ〜〜リ〜♪ ホ〜リ エン ブライト♪ スターマァンド フォルテ ホーリエンブラ〜イト…(チャラチャチャ〜ン……)


その後―――――

ロクバスタの00ウイルスは死滅し・ ・ ・

街は復興・ ・ ・  平和が訪れた・ ・ ・ 。


ワクチン湖からはすっかりワクチンは無くなったが・ ・ ・

中央広場のその巨大なワクチン湖跡地は復興後もそのまま残されている・ ・ ・

まるで、この街に降り立った一筋の “流れ星” が残していったクレーターのように・ ・ ・

そのクレーターは・ ・ ・  この街を救った同盟[えいゆうたち]の名を、永遠に・ ・ ・

そして “世界に轟[かた]り” 継いでいくことだろう――――――



『 スターマン&フォルテ ――黒い砂漠の流れ星―― 』 終 ―――――――――――――――

 

小説ページへ