×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スターマンフォルテ  最終章

第五話

DASH 「(ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダと凄まじいスピードで異次元空間を走り回る)」

ナンバーマンFスズキの心の声 「  (抜刀術の構え) ・ ・ ・ ・ 速いな ・ ・ ・ だが ・ ・ ・

DASH 「(Fスズキの周囲を走り回りながらシャイニングレーザー連射!!!!!!!キィキィキィキィキィキィキィキィ――――――――

ナンバーマンFスズキの心の声 「  対応可能範囲だ―――――(サササササササササササササとかわしていく!!!!!!!!!!!!)  」

DASH 「へ〜♪(周囲を走りながら、徐々にFスズキへ間を詰めて行く…)―――(不意にスピードを上げFスズキの懐に飛び込む!!!!)」

「キィ――――――――――――――!!!!!!!!!!!!!」

(至近距離からのシャイニングレーザー!!!!!! しかしそれをもかわしているFスズキ!!!!!!!!)

ナンバーマンFスズキ一瞬の心の声 「  捕 ら え た ――――――(○        ○)  」

DASH 「―――――――」

「 ザ ン ッッッ!!!!!!!! 」

(セイバーを振り抜いているFスズキ!!!!!!!! 地面に手をついて側転ポーズのDASH!!!!!!!)

ナンバーマンFスズキ 「―――――――――(◎       ◎)」

DASH 「(ズザッッ!!!! 着地! 砂煙…) ・ ・ ・ ・ 」

ナンバーマンFスズキの心の声 「  手応えはあったはずだ…( ◎    ◎)  」

DASH 「 『 絶 対 回 避 側 転 』 ・ ・ ・ どんな攻撃も 理 屈 ぬ き に 避 け ら れ る…(ニヤリ…) 」

ナンバーマンFスズキ 「 ・ ・ ・ なるほど」

DASH 「それにしてもスゴイ速いねアンタ(笑) シャイニングレーザーを 連射 も 至近距離 もかわすなんてさ… もしかして回避なら この世界 で一番?」

ナンバーマンFスズキ 「( 「この世界で」 という言い方に少し疑問を抱きつつ、無表情で)一番かどうかは知らんが。回避は得意だ…。 おまえもそのようだが?」

DASH 「(テレ)まあね♪」


(サッと身構える両者!!)


ナンバーマンFスズキの心の声 「  あの異常に速いダッシュ… そして 『絶対回避側転』 …

DASHの心の声 「  あの “神がかり過ぎ” の避け方… たぶん この世界 で一番だな…

ナンバーマンFスズキの心の声 「  となれば ・ ・ ・

DASHの心の声 「  この勝負 ・ ・ ・


Fスズキ・DASHの心の声  「  1ダメージでも奪ったほうが(派生ラッシュフィニッシュで)勝ちだ――――――!!!!!!  」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 「(空中を連続エアダッシュ!!!! 空中からショットを放つ!!!!)」


真ZER02 「(ショットを避けながら走る… パチンッと指を鳴らす)」

「…ヒュヒュヒュヒュヒュンヒュンヒュンヒュンヒュン…」 (24個のオプションが空から次々飛来!!!!!)

 「(連続エアダッシュでオプションの雨を避ける!!!!!)」

(ガキン!ガキン!ガキン!ガキン!…とオプションが繋がっていき… 巨大なムカデロボットと化す!!!!)

真ZER02 「(サッと手で合図!ウロボロスがXへとうねりながら向かっていく!!!!!)」

 「(バキィン!ズバッ!ドウドウドウ!!バチィイ!とウロボロスと空中で攻防!!!!!)」

(戦闘を回避してスタッと地面に着地するX! → そこに飛び蹴りで飛び込んでくる真ZER02!!!!!!)

「 ガ キ ィ イ イ イ イ イ イ イ イ ン ン ン ン ン !!!!!!!!! 」

(真ZER02のキック が Xの頭突き と激突!!!!!!)

真ZER02 「うおっ(反動で吹っ飛びながら)なつかし〜(笑) 『ヘッドクラッシュ』 かよ(笑)」

 「(スタッと着地、と同時にダブルチャージショット!!!!!!!!ズボォズボォオオアアアアアアアアアアア!!!!!!)」

真ZER02 「(バチィバチィイイイイイイインンンンン!!!!!!! ウロボロスがすかさずガード!!!!! 周囲を回転!!!!!)」

「ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

真ZER02 「!!??」

(パッと宙返りで空を舞っているX… その足から吹き上がっている砂煙の先… オプション一個一個に蹴撃の痕が入ったウロボロス!!!!!)

(X 必殺の 『壁蹴り』!!!!!!!)

真ZER02 「(驚いた表情のままヒュ〜♪と口笛)」

「ガシャシャァアアアアアアンンン!!!!!!!!(地面に倒れこむウロボロス!!!!!!)」

 「(スタッと着地 → 眼前に真ZER02の顔!!!!!!!)」

真ZER02 「(小声でささやく)おかえしだ(微笑)」

(カッと光が広がる!)

「ズババキドガドガドガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ…

「 バ ッ キ ィ ―――――――――――― ン!!!!!!」

(髪をなびかせながら赤い波動を帯びし拳を振りぬいている真ZER02…  そして倒れこむX!!!!)

真ZER02 「(小声でささやく…) ゲンムレイ…。 (巨大な赤い 「真」 の文字をバックに、ドドンッと背をむけ、たそがれる…)」

「ギガ…」

真ZER02 「!!??(振り返る!!! 眩い光がその顔に差し込める…


 「 ク ラ ッ シ ュ !!!!!!!(バッと大の字!!!!!) 」


「ブァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア(受けたダメージエネルギーを一気に放出!!!!!!)」


(巨大な球体の爆発!!!!!!!!!)


(視界が戻る…)

(倒れている黒コゲの真ZER02とX…)

真ZER02 「ったくツメが甘いな俺の瞬獄殺は…(苦笑い…)仕損じるから(ヨロヨロと身を起こす…)こういう しっぺ返し をくらう破目になる…(苦笑)」

X 「(既にたたずんでいる… ボロボロ… 口から1本 血を滴らせながら薄ら笑い…) 出番だ… 相棒… 」

真ZER02 「?」

 「 『 ス ク ラ ン ブ ル チ ェ ン ジ 』!!!!! 」

真ZER02 「!!」

(パッとXがゼロにチェンジ!!!!!)

(Xの相棒)ゼロ・ナイトメア 「(目元に影)クククク・・・ 俺が出てきちまったからにはおまえもここまでだ・・・。(オドロオドロしい笑み)逃げるなよ…?」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

仮面マニアーX 「(シュッとカルタを引く!) 『ゆいいつの れぷりろいどを きれるけん』 」

「カチャッ!」 『ソードマニア』

(妖刀 “紫苑” がシュルルンルルンと回転しながら四方八方を飛び回った後、マニアーの手元へ!)

仮面マニアーX 「(パシッ!と刀を掴み、さやから刀を抜く…) そのおんな ようとう “しえん” かくごせよ! 」

EXE 「(チップを出す)バトルチップ! 『ソード』!スロットイン!(PETにカシャンッと差し込む! ブーンと手からソードが出る!!)」

「ガキン!ガキン!」 「キンキン」 「ガキィン!」 「ガキィン!!」 「キン!」 「ガキン!」 「キキン!」 「ガキィン!」

(剣と剣の攻防!!!!)

EXE 「(チップを出す)バトルチップ! 『ビックボム』!」

「カチャッ!」 『ガードマニア』

「スロットイン!(カシャンッ!)」

「ドゴォオオオオオオオオオオオアアアアアアア!!!!!!!!」 (大 爆 発 !!!!!!)

(晴れる煙… シールドでガードしているマニアー!!)

EXE 「(走りこみながらチップを出す)バトルチップ! 『フレイムタワー』!スロットイン!(カシャンッ! ゴォオオオオオと火柱がマニアーを襲う!!! → 耐えるマニアー → )バトルチップ! 『コールドパンチ』!スロットイン!(氷の鉄拳!!! → ガキィイ――ン!!!シールドでガード → )バトルチップ! 『フミコミザン』!スロットイン!(ズバァアア踏み込んでソード斬り!!!!! → ガード →)バトルチップ! 『ガイアハンマー』!スロットイン!(ドゴォオオと地面を叩く!!! ボボボボォアアアと爆発の波がマニアーへ → ジャンプするマニアー!!! バァアキィイインとマニアーキック!!!ギャルルルル!!!!さらに回転シールド体当たり!!!!)くっ(バッと距離を置く)」

「カチャッ」 『トリックマニア』

(7人のマニアーが出現!!! 四方八方からEXEを強襲!!!!)

EXE 「バトルチップ! 『ヒートブイ』!スロットイン!(カシャンッ! ブォオオアアアアア!!!!!炎が3人のマニアーを焼き消す!!)バトルチップ! 『メテオ』!スロットイン!(カシャンッ!)」

「ドドドドドドドドドド」 (空から隕石の雨あられ!!!!!! マニアーの分身全て消滅!!!!)

「カチャッ!」 『アドマニア』

「ガァアアアアアアアア」 (荒れ狂うアーマー・アルマージが地面からス〜ッ…と出現!!!)

EXE 「(チップを3枚出す)バトルチップ! 『エッグスネーク1、2、3』!スロットイン!(カシャカシャカシャンッと連続で差し込む!)」

「シャ〜シャ〜シャ〜〜〜〜〜〜」 (3匹のヘビを召喚!!!!)

アーマー・アルマージ 「ガァアアアアアアアア(3匹のヘビと絡まりあう!!!! ヘビを食いちぎる!!!)」

「ビリリリリリリリリリ」 (アルマージ感電!!!!!)

仮面マニアーX心の声 「  ―――――いかん!  」

EXE 「そうか!電気が弱点なんだね。そうとわかれば!(カシャンッと 『エッグスネーク2(電気ヘビ)』 を差し込む!! さらにチップを出す!)バトルチップ! 『エレキソード』!スロットイン!(カシャンッ! ブーンビリビリビリと手から電気を帯びたソードが出る!!!!)」

(ガキィインと鍔迫り合いのマニアーとEXE!!!!! その背後で電気ヘビに絡まれるアルマージ!!!!!)

仮面マニアーX 「(感電しながら鍔迫り合い…)ぐぐぐぐぐ ぬぐぐぐぐぐぐ うぐぐぐぐ(ビリビリビリビリ…)」

EXE 「(鍔迫り合い…)弱点を突けばこっちのものさ。」

仮面マニアーX 「(ビリビリビリ…)これしきぃいいいい(ズバババッ!!!!!迫り勝つ!!!!!)」

EXE 「(吹っ飛ぶ) うわぁああ!(ズザザザザ…と着地〜…)」

「シュッ」 (と同時にカルタとチップを引く両者!!!!)

「 『さいだいの」 「バトルチップ」 「わがこうげきは」 「 『エレキサークル3』!」 「ぼうぎょなり』 」 「スロットイン!」

「カチャッ!」 「カシャンッ」 『ガードマニア』

(マニアー回転シールド体当たり!!!! EXEの周囲を電撃が回転!!!!!!)

「バチィイイイイビリリバリリリリリリリリリリリリ」

仮面マニアーX 「ぐぅううう…(バチィインと飛び退き、四肢を出す! シュッとカルタを引き) 『あるまあじ まもりのひかり ともにいざ』 」

「カチャッ!」 『ストライクマニア』

(感電している)アーマー・アルマージ 「(ピクッと耳が動く…)ガァアアアアアア(バチィイイインと回転して電気ヘビを弾き飛ばす!!!!)」

仮面マニアーX 「(アルマクロー装着!! 後ろにグッと引き!かまえる! 背後で四方八方に飛び交うアルマージ!!! バッと拳を突き出す!!! アルマクローからローリングシールドが噴出!!!!)

「ガァアアアアアアアア」 (そのローリングシールドと共にアルマージも回転アタック!!!!)

EXE 「 『サンダーボール1、2、3』!スロットイン!(カシャカシャカシャンッと連続で差し込む!)」

「バリリリリリリリリリ」 (3つの電気の球!!!!!)

「バッゴォオオオオオオオバリリリリリビリリリリリオオオオウウウムビリリリリリリリリリ!!!!!!!!」

(ローリングシールド相殺!!!!!)

アーマー・アルマージ 「(四肢を出して感電!!!!!)ガァアアアアアアアアアアアアアアア」

仮面マニアーX 「(迫る最後の電気玉!!!! バチィイッッッ)ぐぁあああああああああああ(バリリリリリリリリリリリ!!!!!!)」

EXE 「(感電している二人を遠く望んでいる… 既に3枚のチップをスロットイン済み…) プログラムアドバンス…


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

MEGAMAN 「(シャドーウーマンの体中をなめ回すように見ながら)VERY VERY SWEETY〜〜〜vvvv(胸筋をピクピクさせる…)」

シャドーウーマン 「(体中を見られながら どうしたらいいかわからない表情)………(ガクガクビクビク…)」

MEGAMAN 「KAWAIINE〜v METYA METYA KAWAIINE〜 KIMI〜v [※かわいいね〜v めちゃめちゃかわいいね〜 君〜v] 」

シャドーウーマン 「って日本語しゃべれるの―――――――???????(;○「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄])」

MEGAMAN 「TUYOKU NARITAI KA? [※強くなりたいか?] 」

シャドーウーマン 「は?(;・ ・)」

MEGAMAN 「ツヨクナリタイカ?」

シャドーウーマン 「ええ、強くなりたいですけど…(汗) 英語表記ですらなくなってるし…(;-_-) 」

MEGAMAN 「キミ ノ カオ ヤ カラダ ヲ ミテ ワカッタンダヨ  キミ ハ ツヨク ナリタイト オモッテル(背筋ピクピク)」

シャドーウーマン 「 ・ ・ ・ (意外に核心ついてるので少し驚いた表情)」

MEGAMAN 「オレ ガ ツヨク シテヤル!」

シャドーウーマン 「えっ!!?? ホントですか!!???」

MEGAMAN 「アア オレ ノ キンリョク トレーニング デ ムキムキ ノ グラマラス ナ ボインチャン ニ シチャルワ〜(筋肉モリモリ)」

シャドーウーマン 「え?え? あの ちょっと? いやっ はなしてっ やめてぇっ やぁっ あっ あっ はぁあんっ いやぁあああああああああ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

スターマン総帥 「(ダラダラたれる鼻オイルと涙…)〜〜〜〜〜〜v(ロールちゃんを見ている)」

ロールちゃん 「(スカートの中に手を入れてゴソゴソ…)もぉ〜 目〜つぶっててって言ったのに〜 ホントにえっちなんだから〜v(もじもじゴソゴソ… サッとロールバスターを出す!手にはめ)いくよv(ドウッとバスターを放つ!)」

スターマン総帥 「(ドンッvと当たるv)あ〜〜〜れ〜〜〜〜〜(涙と鼻オイルをたらしながらズザザザ〜〜〜とゆっくり倒れこむ…)」

ロールちゃん 「やった〜v あたった〜v(ピョンピョンはねてよろこぶ)」

スターマン総帥の心の声 「  (倒れたまま… スカートとポニーテールをゆらしながらきゃvきゃvとはしゃいでいるロールちゃんを見て…) よかったね…v ロールちゃん…v( T ▽ T)  」

ロールちゃん 「(はっと何かを思い出したようにとびはねるのをやめて、倒れている総帥のもとへかけより、かがみこんで総帥の顔をのぞきこむ) おにーちゃん だいじょうぶ? ゴメンねv」

スターマン総帥 「(鼻オイルと涙ダラダラダラ…)ああ 大丈夫だよ…v ロールちゃん…v( T ▽ T)」

ロールちゃん 「(立ち上がり、手をさしのべる)さあ 立ってv 星のおにーちゃんv(ニコッv)」

スターマン総帥 「(ダラダラダラ…)は… はい…v ロールちゃん…v( T ▽ T)(さしのべられた手を取る)」

ロールちゃん 「う〜ん… う〜ん…(重くて起こせない)う〜〜〜〜〜ん…(涙と鼻オイルを流しながらダランと脱力している総帥…) も〜(ぶ〜と顔をふくらませながら)ちゃんと立ってよ おにーちゃ〜ん」

スターマン総帥 「(ダラダラダラ…)あ… あい…v ( T ▽ T)(ゆっくりと立ち上がる…)」

ロールちゃん 「(見上げながら)さv つづきやろv」

スターマン総帥 「(ダラダラダラ…)あい…v( T ▽ T)(放心状態)」

(とそこに、吹っ飛んでくるフォルテ!!!!)

フォルテ 「(総帥の前にズザザザザと倒れこむがすぐ立ち上がり)くそぉっ!!!(ドンッ!!!と砂煙を巻き上げエゴの元へダッシュしていく…

スターマン総帥 「(砂煙…)(><)うぇっ ぺっ ぺっ(正気に戻る)」

スターマン総帥の心の声 「  はっ!!! (首を振って)いかんいかん!フォルテ君と共に戦うと誓ったではないか!!! 気を引き締めねば!!!(グッと身がまえる…!)  」

(晴れる砂煙…)

ロールちゃん 「いや〜〜んv(ヒラヒラ舞い上がっているスカートを押さえている)」

スターマン総帥 「(身構えたまま鼻オイルと涙タラタラ…)〜〜〜〜 ロールちゅあ〜〜〜〜〜んvvvvvvv ( T ▽ T) 」 (重症)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「ドドド!!!」「バシバシバシ!」「ドガガガガ」「バキィイイン!!!」「バキバキ!」「ドガァ!!!」「ババババ!!!」「ズババ!!!」

(フォルテとエゴの激しい攻防!!!!! 飛び交う拳!蹴り!ショット!)

フォルテ 「(ギュンギュンギュン…とチャージ)」

エゴ 「(ギュンギュンギュン…とチャージ)」


「 バ チ ィ イ ッ ッ ッ ッ !!!!!!!!!!! 」 (チャージショットの激突!!!!!!)


(互いに距離を置く)

エゴ 「(挑発)ベロベロバ〜♪」

フォルテ 「(メ▽「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄])その 『ベロベロバー』 ってのやめろぉおおおおお(ガガガガガガガガガガガガと乱射!!!!!!!!!!!)」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ナンバーマンFスズキ 「―――――――(スパパパ!スパ!スパ!と連続攻撃!!!!!)

DASH 「(側転してかわしていく)――――――(地面に手をつき、逆さのままシャイニングレーザー!!!!)」

ナンバーマンFスズキ 「(サッとかわす)」

DASH 「(側転しながらシャイニングレーザー!!!!!)」

ナンバーマンFスズキ 「(サッ ササッサッと回避しながら間を詰めていき… セイバー斬り!!!!!!!!!)」

DASH 「(ダダダダダダダダダダダっと一気にダッシュして距離を離す!!!!!)」

ナンバーマンFスズキ 「(抜刀術の構えでダッシュ!!!!!!!)」

DASH 「(ダダダダダダダと旋回して迎え撃つ!!!!!!!)」


「 ザァキィイインンンンン!!!!!!! 」


(遠方に飛んでいくシャイニングレーザー… フッ…と消えていくセイバー斬りの残像…)

(手をついて側転しているDASH… セイバーを振りぬきながらのけぞりくねっているFスズキ…)


「 ズ ザ ッ !!!!」 (と互いに身構える!!! 互いにノーダメージ…)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ゼロ・ナイトメア 「そこか!!!(ズバァズバァア!!!!と二連バスター!!!!)」

真ZER02 「(走りながら後ろからの02発のショットをかわす)」

ゼロ・ナイトメア 「(真ZER02の目の前にテレポートして)逃げるな!( ザ ン ッ !!!!! セイバー斬り!!!!!)」

真ZER02 「くっ…(ガードポーズ… なびく金髪… 吹き出る鮮血… ズザッと距離を置く…)はあ・・・ はあ・・・」

真ZER02の心の声 「  (肩を揺らしながら) 手負いの身で勝てる相手じゃないな・・・(苦笑) 久しぶりに黒ゼロさんに出てきてもらいますか・・・(目を閉じ…薄ら笑いを浮かべながら…) 黒ゼロ ・ ・ ・ あんたは俺の目標だ ・ ・ ・ だが、まだまだあんたには遠く及ばない ・ ・ ・ 悔しいがな ・ ・ ・  改めてその力 ・ ・ ・ 見せてもらうぜ ・ ・ ・  」

ゼロ・ナイトメア 「(拳にエネルギーを集中…)終わりだ…」

真ZER02の心の声 「  (目を閉じたまま) さ あ ・ ・ ・


「  (カッと目を見開く) 見 せ つ け て く れ よ !! あ ん た の 力 を !!!!  」


真ZER02 「 俺 は 剣 を !! い や ! 拳 を 極 め し 者 !!!!!!!! 」

ゼロ・ナイトメア 「!?」

(真ZER02の体が見る見る黒くなっていく… 黒ゼロの御出まし!!!!!!!)

黒ゼロ 「ォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!(吹き荒れる闇の波動!!!!!!!)」

ゼロ・ナイトメア 「(拳にエネルギーチャージしたまま)おまえも 『スクランブルチェンジ』 ができたのか(笑) しかも相棒もまた “ゼロ” とは… お も し ろ い なぁあ!!!!!!!( ズ ン ッ ッ ッ !!!!!!と拳を地面に打ち込む!!!!!!!!!)


「  真 ・ 滅  閃  光 !!!!!!!!!!!!! (拳を打ち込んだ地面から幾千本もの光!!!!!!!!!)」


黒ゼロ 「( 阿 修 羅 閃 空 !!!!!(※無敵移動)でその光の中をス―――――っと進み)ォオオオアアアアア!!!!!!

「ドガァアアアアアアア!!!!!!!!!!( 拳 撃 !!!!!!!!) 」

ゼロ・ナイトメア 「(腹にもらって吹っ飛ぶ…)ぐぅおおおお!!!????」

黒ゼロ 「(波動拳!波動拳!波動拳!昇〜竜〜拳!! 波動拳!波動拳!波動拳!竜巻旋風〜脚!! 斬空波動拳!! 竜巻斬空脚!!!!)」

(黒ゼロの凄まじい猛襲!!!!! ゼロ・ナイトメア 手も足も出ず!!!右に左にのけぞる…!!!)

黒ゼロ 「オオオオオオオアアアアアア!!!!!!!!(ドゴォオオオオオオオオオッッッ!!!!!と殴り飛ばす!!!!!!!)」

ゼロ・ナイトメア 「(ズザザザザザザザザ〜… … フラフラと立ち上がる… 目元に影)… … … … クククク・・・ 俺はただの 『ゼロ・ナイトメア』 じゃない ・ ・ ・ ・


「 “覚 醒” で き る ん だ ぁ… (オドロオドロしい笑顔…) 」


(ゼロ・ナイトメアの体が見る見る白くなっていく… 体から白いオーラーが漂いはじめる…)

(グワァアアアッッッと目を見開き!!!!!! 覚醒!!!!!!!!!!!)


覚醒ゼロ・ナイトメア 「クククキヒヒヒハハハハハハ コ ロ シ テ ヤ ルゥウ!!!!!!!!(吹き荒れる白いオーラ!!!!!!!)」


黒ゼロ 「ォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!(吹き荒れる黒き波動!!!!!!!)」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

EXE 「(3枚のチップを出す!!!)バトルチップ! 『メガキャノンE、F、G』!スロットイン!(カシャカシャカシャンッと連続で差し込む!) プログラムアドバンス!!! ゼータキャノン3!!!(ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド…メガキャノン乱射!!!!!

仮面マニアーX 「(シールドで耐えしのぐ…)」

EXE 「(5枚のチップを出す!!!!!)バトルチップ! 『メガキャノンE、F、G、H、I』!スロットイン!(カシャカシャカシャカシャカシャンッと連続で差し込む!!!!!) プログラムアドバンス!!!!! オメガキャノン3!!!!!(ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド…メガキャノン乱射!!!!!!!

仮面マニアーX 「(シールドで耐えしのぐ…)」

EXE 「(3枚のチップを出す!!!)バトルチップ 『スモールボム』!スロットイン!(カシャン!)バトルチップ 『クロスボム』!スロットイン!(カシャン!)バトルチップ 『ビックボム』!スロットイン!(カシャン!) プログラムアドバンス!!!

「 ベ ー タ ボ ム !!!!!!!!(ドゴァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!)」

仮面マニアーX 「ぐぁあああああああああ(シールドが粉々に砕け散る… … …)」

EXE 「なんだ。そんな程度なの? 防御力が高いからもっとプログラムアドバンスが試せると思ったのに…」

仮面マニアーX 「おのれぇ〜〜〜(シュッとカルタを引き!セット!)」

「カチャッ!!」 『ファイナルマニア』

アーマー・アルマージ 「ガァアアアアアアアア」

(アルマージ、変形して球体になり高速回転! マニアー、バッと真上に跳躍!)

(空中のマニアーの周りを四方八方に飛び交うアルマージ!!)

EXE 「(3枚のチップを出す!!!)バトルチップ 『カスタムソードB』!スロットイン!(カシャン!)」

(マニアーも身を抱え込み、回転しはじめる!)

EXE 「バトルチップ 『バリアブルソードB』!スロットイン!(カシャン!)」

(アルマージが飛び過ぎていく毎に、マニアーの回転が加速!!)

EXE 「バトルチップ 『ブルースB』!スロットイン!(カシャン!)」

(アルマージと共にマニアーも四方八方に飛び交いはじめる!!!)

EXE 「 プログラムアドバンス!!! 」

(マニアーはEXEの前方10メートル先、アルマージは後方10メートル先に降り立つ!)

「キキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキキ…(それぞれその場で大回転…!!!!!)」

EXE 「 ダ ブ ル ヒ ー ロ ー !!!!!!!!!!!(背中合わせにEXEブルースが出現!!!!!!) 」

「ギャルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルゥウウウウウウウウウウンンン(EXE&ブルースに向かって同時に突撃!!!!!)」

(背中合わせに回転体をそれぞれ迎え撃つEXE&ブルース!!!!!!)


「 バ ァ チ ィ イ イ イ イ ン ン ン!!!!!!!!!! 」


(吹っ飛んでいるマニアーとアルマージをバックに、髪をなびかせ宙を舞っているEXEとブルースの二人!!!!!)


(ドササッと地面に倒れこむマニアーとアルマージ!!!!!)

(スタタッと地面に降り立つ “ダブルヒーロー”…  ブ〜ン…とログアウトするブルース…)

仮面マニアーX 「く… ぐぐぅ… … …(苦しそうに地べたに悶える…)」

EXE 「こっちのコンビが優ったね♪」

仮面マニアーX 「(這いつくばったままシュッとカルタを引く!! マニアバイザーが銃型のマニアーバイザーに変化!!!)

「ゴォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ(吹き荒れる炎!!!!!!)」

(新マニアバイザーのアルマージの顔を象った銃口に引いたカードを持っていき、アルマージの下アゴの上に乗せ、アゴに手をそえ

「 “いきのこれ” そのこえひびきに みをとうず 」

( 閉じる!!!!!!!! )

「カチャッ!!!」 『サバイブ』

(マニアーXの鎧が変化!!!!!!!!!!)

Xサバイブ 「(シュッとカルタを引く!) さばいぶの さいしゅうおうぎ うけてみよ!!!!(カードをセット!!!) 」

「カチャッ!!」 『ファイナルマニア』

「ガァアアアアアアアアアアアアアアアアアア」 (荒れ狂うアーマー・アルマージがバイクに変形!!!!!!)

EXE 「(3枚のチップを出す!!!)バトルチップ 『カースシールド1』!スロットイン!(カシャン!)」

(アルマバイクに飛び乗るXサバイブ!!)

「ウンウンウンウンウンウンウンウンウンギュゥウウウウウウウウウウウウウンンンン!!!!!!!(ウイリー走行で突っ込む!!!!!)」

EXE 「バトルチップ 『カースシールド2』!スロットイン!(カシャン!)

「ガァアアアアアアアアアアアアア」 (吼えるアルマージ!!!!)

「グバァ!グバァ!グバァ!グバァアアアアアアアアア(アルマージの口から連続ローリングシールド!!!!!!)

EXE 「バトルチップ 『カースシールド3』!スロットイン!(カシャン!)

(EXEの背後を囲うように、各ローリングシールドが地面に着弾!!!! その場で大回転!!!!!!!)

EXE 「 プログラムアドバンス!!! 」

「ゥウウウウウウウウ―――――――――――――――――――――――(前輪を落とし!一気にEXEに突っ込む!!!!!!!!!)

EXE 「 カ ー ス ア ン ガ ー !!!!!!!!!!!(カースシールドが前方3列に並ぶ!!!!!!) 」

「ガガガガガガゴゴゴガゴォオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」

アルマバイク 「ガァアアァアアァァアアアァァアアア(白目、ヨダレ、カースシールドに噛まれて苦しそうに躍り上がっている)」

Xサバイブ 「あるまあじ! ぬお(バイクからドサッと振り落とされる!!!!)」

EXE 「(エレキソードでシュバンッシュバンッと周囲のローリングシールドを斬り消す!!!)」

Xサバイブ 「・・・くぅ… おのれ〜〜… … …」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「はぁああんっ やぁああっ やぁああっ はぁああっ はぁあああっ はぁああんっ はぁんっ はぁんっ はぁああんっ やぁああんっっ」

シャドーウーマン 「(半泣き… 息も絶え絶え…)はぁん… はぁあん… もぉ… 限界です… … …(涙)」

MEGAMAN 「(シャドーウーマンの足を押さえて、シャドーウーマンに腹筋運動をさせている) ソンナ コト デハ ツヨク ナレ ナイ(胸筋ピクピク)10000カイ フッキン デキル マデ コノ テ ハナサナイ(上腕二頭筋ピクピク)」

シャドーウーマン 「そ… そんな…(半泣き…)」

MEGAMAN 「ツヨク ナル ニハ キンニク ヲ ツケナケレバ ナラナイ フッキン ヲ マズ ムキムキ ニ シチャルワ〜(上腕三頭筋ピクピク)」

シャドーウーマン 「(半泣き)はぁあ… はぁあ… はぁんっ(グッと腹筋運動…)はぁんっ あぁんっ… んぁあん…(涙)」

MEGAMAN 「FIGHT!!」

シャドーウーマン 「はぁ… はぁん… はぁいっっ!(グッと腹筋…)」 (なんなんだこの勝負…?)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ロールちゃん 「(ジャブを総帥の顔にくりだす!が手が短いため届かず…)あんvとどかないv えいvえいvそれvそれv(ピョンピョンいっしょうけんめいとびはねながら総帥の顔にパンチを当てようとする…)」

スターマン総帥 「(棒立ちのまま… 目下で揺れるポニーテールとスカート… 鼻オイルと涙ダラダラ…)〜〜〜〜〜〜〜v ( T ▽ T) ロ…ロールちゃん? どうして小ジャンプなの? 大ジャンプすれば届くのに…(ダラダラダラ…)」

ロールちゃん 「(とびはねるのをやめて、スカートを押さえながら上目づかい)だって、たかくとんだらおにーちゃんに見られちゃうでしょ〜v(頬を赤らめ もじもじ…v)」

スターマン総帥 「 (T ▽ T)(ドッキュ〜〜〜〜〜〜ンvvvvvvvvvvvvvvv) 」

ロールちゃん 「(総帥に向かってとびはねパンチ)えいvえいvそれvそれv

「バギィイイイイイイイイイイイイイッッッッ!!!!!!!!( 思 い の ほ か 重 い パ ン チ !!!!!!!!!!)」

スターマン総帥 「(アゴにメガヒット!!!!!! 白目 大口 飛び散るヨダレと鼻オイル…)ガ ッ ッ はぁうぁァアアアアアアア(ドサッと倒れこむ!とそこに跳び込んでくるロールちゃん!倒れている総帥の腹の上に座り込む!)」

ロールちゃん 「わ〜いv(バンザイ)おにーちゃんからマウントをとった〜v」

スターマン総帥 「(鼻オイルと涙と口から血がダラダラダラ…)〜〜〜〜〜v(T ▽ T)」

ロールちゃん 「(マウントポジションからの総帥へのパンチ攻撃!!!)えいv(ボゴォオオッ)えいv(ドゴォオオッッ)やーv(バギィイイッ)やーv(ドゴォオウォアアア!!!!)」

スターマン総帥の心の声 「  (重いパンチの連続で正気を取り戻す!!)はっ!!!(首を振って)いかんいかん!フォルテ君と共に戦うと誓ったではないか!!! 相手はロールちゃんとはいえ、とてつもなく重いパンチを打つ強敵だ!!! 気を引き締めねば!!!(ババッとロールちゃんの腰を掴み!! そのまま高い高〜い見たいな感じに持ち上げる)  」

ロールちゃん 「(もがく)いやぁん おにーちゃん はなしてぇっ(バタバタと足をバタつかせる)」

スターマン総帥 「(ロールちゃんを持ったまま)ほっ!(飛び起きる)もう容赦はせん!!!!!(ブンッと投げ飛ばす!!!)」

ロールちゃん 「きゃ〜〜〜〜〜(ズテッと尻餅!)」

スターマン総帥 「(グッと身構える… 真顔…)こい!( ▽ ☆ ▽)」

ロールちゃん 「(ぶ〜と顔をふくらませ)やったわね〜 おにーちゃ〜ん(立ち上がって、バンバンとスカートから砂を落とし、みがまえる!) おかえし〜v(ぴょ〜〜〜〜んっとジャンプ!)え〜〜〜〜いv(総帥の首を太ももではさむ!!!)」

スターマン総帥 「――――――(;◎ ☆ ◎)(ブ――――――――――――――――!!!!!!鼻オイル!!!!)」 (←おい)

ロールちゃん 「えっち〜〜〜v(と言いながら、そのままフランケンシュタイナー!!!!!)」

(フッと空に舞い上がる総帥の身体… ゆらめくスカート… ゆらめくポニーテール… 綺麗な弧を描く総帥の鼻オイル…(アホか) )

「ズダァアアアアアンッッッ」 (脳天から地面に叩きつけられる総帥!!!!!!)

スターマン総帥 「ぐはぁああ… … く… おのれぇえええ!!!(太ももに挟まれたまま強引に起き上がる → 逆肩車状態)」

ロールちゃん 「いやんv(ポカポカ総帥の頭をたたき出す…v)」

スターマン総帥 「(鼻オイルと涙ダラダラダラ…) 〜〜〜〜v ( → 手を組んで大きく振り上げているロールちゃん… → ボ フ ッ ッ ッ !!!!! とハンマーパンチ!!!!! ロールちゃんの手が脳天にメリ込む!!!!)ゴハァアアアアアッッッッ(白目… 口から吹き出る血… フラッと前にふらついたところで再びフランケンシュタイナー!!!!!!!)」

「ズダァアアアアアアアアアンッッッ」 (地面に叩きつけられる総帥!!!!!!!!)

スターマン総帥の心の声 「  くぅ… この子… 本当に強い…! このままでは殺される!!! こうなったらフルパワーだ!!! WOOOOOOOOO(パワー全開!!!!! グワッと目を見開く!!!!!!!)  」

ロールちゃん 「(太ももではさんだままふりかえり) やんv 見ちゃダメ〜v」

スターマン総帥の心の声 「  (ダランと脱力… たれる鼻オイル…) 私 ・ ・ ・ この子になら殺されてもいい ・ ・ ・ v (T ▽ T)  」

(※ 『おまえの同志として戦わせてくれ』 といってた頃の決意はいったい…(-_-;) )

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

フォルテ 「うらぁああああ(ソニッククラッシャー!!!!! オーラで包まれて飛行体当たり!!!!!)」

エゴ 「っと(シュンッとその下をスライディングで潜り!!!! フォルテの真下からロックアッパー!!!!!)」

フォルテ 「(クルッとひねりながら2段ジャンプでかわす!! → そのまま空中に舞い昇っていくエゴ!!! → 即座にブースターキックで、飛び上がりハイキック!!!!!!)」

エゴ 「(ガキィイイン!!!!!とヒット!!!!!!)」

フォルテ 「らぁあああああああ(GAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGAGA GAOOOMM!!!!!! 半透明無敵状態無視エリアルレイブ!!!!!!!!!!)」

エゴ 「(白目… 大口… ドサッと倒れこむ…) よっと…(バッと飛び起きる)」

フォルテの心の声 「  っ!!!! オレのエリアルくらって立ち上がりやがった!!!(◎  ;◎)  」

エゴ 「〜 “半透明無敵状態無視” か〜♪ ボクもやろうかな♪」

フォルテ 「なに!!??」

エゴ 「半透明無敵状態無視セレクト順特殊武器コンボ攻撃。武器エネルギーの続く限り、特殊武器が選択した順番に次々と入れ替わりながら、相手の半透明無敵状態を無視して連続ヒットするコンボ技さ♪ 特殊武器の順番によって、コンボがキレイにつながったり、逆につながらなかったりするんだ♪(ジャコッとバスターを向ける!!!!!)」

フォルテ 「―――(身構える)」

「ビィイイ ドボォオオ バシュッ シュパッ ビィイイ ドボォオオ バシュッ シュパッ ビィイイ ドボォオオ バシュッ シュパッ」

(サンダービーム → ウォーターウェーブ → マグネットミサイル → ヤマトスピア の順に連続で発射!!!!!!)

フォルテ 「くぅっ(避けながら後退…)」

エゴ 「う〜ん 今のはウォーターウェーブで水浸しにした後に、サンダービームをした方が、より電気が通ってよかったかもね♪ じゃあ この組み合わせはどうかな?」

「フイユオッ キシュンッッッ キュッザァアアアア ダンッゴロゴロズガァアン」

(グラビティーホールド → ケンタウロスフラッシュ → レインフラッシュ → ライトニングボルト の順に連続で放出!!!!!!)

エゴ 「フィールド攻撃武器コンボ♪ 避けようがないよ♪」

「フイユオッ キシュンッッッ キュッザァアアアア ダンッゴロゴロズガァアン フイユオッ キシュンッッッ キュッザァアアアア ダンッゴロゴロズガァアン…

フォルテ 「ぐぁあああああああああああ(白目、大口、半透明無敵状態無視連続ダメージ!!!!!!!!)」


to be continued・・・

 

第六話へ   小説ページへ