×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スターマンフォルテ  最終章

最終話

ナンバーマンFスズキ 「  ・  ・  ・  ・ (◎    ◎) 」

真ZER02 「  ・  ・  ・  ・ (◎   ◎ ) 」

仮面マニアーX 「  ・  ・  ・  ・ ( ◎   ◎) 」

シャドーウーマン 「  ・  ・  ・  ・ (◎    ◎)」


(グシャッッと真っ逆さまに地面に落ちるエゴとイド!!!!! それをバックに並んで仁王立ちのフォルテと総帥!!!!!)


シャドーウーマンの心の声 「  ・・・・v す・・・スゴイ…v  」

仮面マニアーXの心の声 「  こ の 二 人 ・ ・ ・ ・ ( ◎   ◎) 」

真ZER02の心の声 「  組 ま せ た ら ・ ・ ・ ・ (◎   ◎ )  」

ナンバーマンFスズキの心の声 「  八 武 会 も ひ っ く る め て ・ ・ ・ ・ (◎    ◎)  」


同盟一同 「  全  宇  宙  最  強 ――――――――!!??  」


フォルテ総帥 「――――――(鋭い表情… 背後で倒れているエゴとイド…)」


「核戦争はもう止められない…」
「本家クリスタルはもうアタシ達の手の中にあるも同然…」



(振り返るフォルテと総帥!!)


スーパーエゴイド 「(白目、血みどろ、不気味な笑み) 本  家  は  消  え  て  な  く  な  る ! 」


「 カ ッ 」 (と光が広がる!!!!!!!!!!!! 重なるエゴとイドのシルエット… エゴとイドが合体!!!!!!!!!)


「グバァアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」 (飛び出すグロテスクな触手!!!!!!!)

「ゴバァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」 (飛び出す分泌液!!!!!!!!!!!)

「キシャァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」 (光る無数の白目!!!!!!!!!!!!)


「 合 体 ア ン ド ロ ギ ヌ ス !!!!!!!! エ ド !!!!!!!!!!!!! 」


(超 巨 大 な ヘ テ ロ 生 命 体 が 出 現 !!!!!!!!!)


(全体的に球体… 宙に浮かんでいる… ロックマンとロールの無数の屍が集まったような姿… 所々から伸びる触手… 滴る液体… 漂う死臭…)

シャドーウーマン 「いやぁあああ(バッとX師匠にすがる)」

仮面マニアーX 「(すがらせたまま茫然)なんと…(◎   ;◎)」

ナンバーマンFスズキ 「合体するとは…(◎;   ◎)」

真ZER02 「エグ過ぎ…(苦笑)」


(シャドーウーマン同様、フォルテの胸にすがりついてる総帥…)

フォルテ 「(すがりつかせたまま茫然) ・  ・  ・  ・  ・ (◎    ;◎ ) なんだよありゃあ… 」

スターマン総帥 「(すがりついたまま頬を染めて上目づかい) フォルちゃん…v 怖いよぉ…v 」

フォルテ 「(軽く聞き流して(◎  ;◎ )←この顔でエドを見据えたまま総帥のほっぺを押して胸から引き剥がしつつ) な ん て エ ネ ル ギ ー だ … (◎      ;◎;) 」


エド 「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(シュルルウキチュルルルグチョグチョグチャグチャ…)」


「 こ う な っ た ら 私 た ち も 合 体 だ !!!!!!!  (▽     ☆     ▽)+キラキララ〜ン… 」

フォルテ 「・・・( (◎      ;◎;)←この顔のままエドを見ながら総帥にガンッとゲンコツ )」


エド 「(男性と女性の声が重なり合った低い声) オ マ エ 達 ハ 私 に は 勝 て ナ い ・ ・ ・ ・ (シュルルウキチュルルルグチョグチョグチャグチャ…) あ と 2 0 分 で 核 戦 争 が 始 マ ル ・ ・ ・ ・ (シュルルウキチュルルル…)


「 本 家 ク リ ス タ ル が 現 レ る ・ ・ ・ ・ 」

「 本 家 ク リ ス タ ル を 破 壊 す ル ・ ・ ・ ・ 」


「  本  家  は  消  エ  て  ナ  く  ナ  ル  」


フォルテ 「―――――――――――――――――――

「うおおおおおおおおおおおおおおああああああああああああああ(周囲の岩を分解!!!!!!! アルター化!!!!!!!!!!!)」

(ジャキーンっとアルターを腕に装着!!!!!!!!!!! ブォオオオオオオオオオオオっとエドに突っ込む!!!!!!!!!!!)


「バシィイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイインンンン(アルターナックル!!!!!!!!!!)」


(エドの体にめり込むフォルテの黄金の拳!!!!!!!!!!!!!!!)


フォルテ 「(血走った目) もっとぉお…(さらに輝く拳…) もっとぉおお…(さらに輝く…) もっとぉおおおおお…(さらに輝く…)


「 も っ と  か  が  や  けぇえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ


( 光が広がる… エドとフォルテ… ホワイトアウト… )


・   ・   ・   ・   ・   ・


( 視界が戻る… 息を切らし たたずむフォルテ… 無傷のエド… )


「 核 戦 争 は モ う 止 メ ら れ ナ い ・ ・ ・ ・ 」

「 お マ え 達 は 私 ニ ハ 勝 て な い ・ ・ ・ ・ 」


「  お  前  タ  チ  は  私  に  殺  さ  レ  ル ・ ・ ・ ・  」


「 本 家 ク リ ス タ ル を 破 壊 す ル ・ ・ ・ ・ 」


「  本  家  は  消  エ  て  ナ  く  ナ  ル  」


ナンバーマンFスズキ 「 (◎;    ◎) 」

真ZER02 「 (◎    ◎;) 」

仮面マニアーX 「 ( ◎ ;  ◎) 」

シャドーウーマン 「 (◎    ;◎) 」

フォルテ 「  (◎     ;   ;◎)  」


[  進軍する軍隊… 戦車… 回るキャタピラ…  ]

[  海を進む軍艦、海戦ロボット…  飛び立つ戦闘機、空戦ロボット…  ]

[  空に向けられている大陸間弾道ミサイルの数々…  ]

[  逃げ惑う人々… 震え脅えている人々…  ]


「 核 戦 争 は 止 メ ら れ る ・ ・ ・ ・ (☆) 」

「 私 た ち は お 前 ニ 勝 て る ・ ・ ・ ・ ( ☆ ) 」


「 お  前  タ  チ  は  私  タ  ち  に  殺  さ  レ  ル ・ ・ ・ ・ (  ☆  ) 」


「 ク リ ス タ ル は 破 壊 で き な い ・ ・ ・ ・ (   ☆   ) 」


「 本  家  は  永  遠  に  不  滅  だ !!!!!!!!!(▽    ☆    ▽) 」


一同 「!!!??? (何で最初エドの声マネしたかにも内心 『?』 な一同) 」


エド 「ハはハはハはハはハはハはハはハはハはハはハはハは 何をバ鹿なコトを・・・」

スターマン総帥 「いや…


「 核 戦 争 を 止 め 、 お ま え を 倒 せ る 方 法 が あ る !!!!!!!! 」


スターマン総帥 「同時にな…(ニヤリ…)」

一同 「!!!!!?????」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『(携帯電話の着うた:ラブサイケデリコ)運命線からアザウェイそれからういてる風ともゲタウェ(ピッ)』

「はい? ああ アンタか… うん… 久しぶり… うん…  っていうかアンタ――――――――――――


「 (◎  X  ◎) なんでオレの携帯の番号 知ってんの―――――――――? 」


「 (▽  ☆  ▽) 『スターパワー』 だよ―――――――(キラ〜ン) 」

「(◎  X  ◎)またそのパワーか―――――――― で―――? 何の用――――? 」

「(▽  ☆  ▽)今そっち大変なことになってるっぽいね。」

「(◎  X  ◎)ああ―――――― 核戦争だろ―――――? 」

「(▽  ☆  ▽)止めるぞ。」

「(◎  X  ◎)え―――――――? 」

「(▽  ☆  ▽) 核 戦 争 を 止 め る ! 君の力を貸してくれ! クロロ君! 君の力が必要だ!!!」

「(◎  X  ◎)いいけど――――― どうするの―――――――――? 」

「(▽  ☆  ▽)君の 『盗賊の極意』 の能力で盗んだ能力の中に “現場より衛星生中継系の能力” はないのかね?」

「(◎  X  ◎)―――――――― 『現場より衛星生中継系の能力』 という表現はおかしいけど―――――― あるにはあるよ―――――」

「(▽  ☆  ▽)じゃあそれ頼むよ――――――――」

「(◎  X  ◎) 『スターパワー』 にはそういう能力ないの―――――――――?」

「(▽  ☆  ▽)残念ながらない――――――――」

「(◎  X  ◎)アンタの 『スターパワー』 って “とにかくよくわからないが何でもありな” わりには――― 中途半端に都合が悪いな―――」

「(∩  ☆  ∩)そだねー ゴメンねv (▽  ☆  ▽)ともかく 今から私の指示に従ってくれ――――――――」

「(◎  X  ◎)わかった―――――――――」


「うん… うん… できなくもないと思う・・・ うん ああ なるほど・・・ わかった・・・ うん わかった(ピッと携帯を切る)」

シズク・キャスケット 「(キョトンとした顔)団長、誰から?」

クロロX 「(◎ X ◎)ん?スターマン。 (周囲の蜘蛛旅団メンバーに向かって)みんな――――――― 世界を終わらせたいところだけど――――――――――― 今 は と り あ え ず 救 っ て お き た い と 思 う――――――――――――


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(エゴとイドの世界、 総帥の元に、パクノダ市長が(クロロの何かの能力で)瞬間移動して来る)

スターマン総帥 「わ〜い アメリア市長〜〜〜(その胸に飛び込む)」

パクノダ市長 「(飛び込まれたまま)――――(総帥の背中に手を回す…)」

スターマン総帥 「(∩☆∩ )うふふふv(スリスリスリ)」

一同 「?」

スターマン総帥 「(▽☆▽ )うぉおおおおおおおおおおおおおvvvvvv(アメリア市長をしっかり抱きしめ) 『スターパワー』!!!!! “その人に縁のある人を抱きしめ、自分の置かれている状況を映像としてその人の脳に送る” 能力発動ぉおおおおおおお」 (どんな能力だ!)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

クロロX 「(∪ X ∪)ああ――― ああ来た来た来た――――― 見える見える(総帥の現状がヴィジョンとして脳裏に送られてくる。パッと本を出して、あるページで止める) 『サテライト・ヘッド・ヴィジョン』 (空中に平面映像がパッと映る! 総帥達の様子が映っている。)」

(旅団メンバーの一人、背の小さなゴスペル首領族)コルトピ首領 「・・・・・( 『ガンダーラのありがたいお経』 を左手に持ち、念能力 『神の左手 悪魔の右手』 で、右手から同じ 『ガンダーラのありがたいお経』 をコピー具現化する! ポンッとクロロに投げ渡す…)」

クロロX 「(◎  X  ◎)(バッと振って、サラサラサラとお経(巻物)を広げる… お経の文字が光りだす… → 『ガンダーラのありがたいお経』 の効果で “能力効果が高められる” → 空に同じ平面映像が次々と出る!!!!!)」

(旅団メンバーの一人、目が怖い本家ザコキャラ・マミーラ族)ボノーラ 「(ポンッとクロロの肩に手をのせ)―――――( “能力効果を倍にする” 『倍倍[Bye-Bye]富樫義博ザ・ワールド』 で、クロロの能力の効果を倍にする!!!!!)」

クロロX 「(◎  X  ◎)(能力効果が倍!! 同時に二つの能力が使えるようになる!!!!) 『バシルーラー』!!!!!!!」

「バシシシシシシシシシシシシシシシシシシ(大量の平面映像がどこかに飛ばされる!!!!!!!!!!!!!)」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

スターマン総帥 「(▽  ☆  ▽)うぉおおおおおおおおおおおおおvvvvvv 『スターパワー』!!!!! “その人に縁のある人を抱きしめなくても、自分の置かれている状況を映像としてその人の脳に送る。実はアメリア市長に会いたかっただけなんだゴメンゴメン” 能力発動ぉおおおおおおお(どんな能力だ!!!) ( → パクノダ市長は旅団のもとへワープ…) さらに!スターマン族最大滅殺奥義!!! 『星に願いを』!!! (片ヒザをついて、手を組み、祈るポーズ) 『 どうか、みんなのもとに・・・ ま ん べ ん な く と ど き ま す よ う に〜☆(どこが 『滅殺』 だよ!) 』 」


エド 「何をスル気か知らナいガ、全 て ハ 無 駄 。  あ  ト  1  分  で  核  戦  争  ダ ! 」


[  陸、位置づく軍隊… 戦車…  ]

[  海中、位置づく海戦ロボット…  ]

[  空中、大量の戦闘機… 空戦ロボット…  ]

[  震え脅えその時を待つしかない人々…  ]

[  空に向けられている大陸間弾道ミサイルの数々…  各国要人… 発射スイッチ・発射キーに手が伸びている…  ]


ナンバーマンFスズキ 「 (◎;    ◎) 」

真ZER02 「 (◎    ◎;) 」

仮面マニアーX 「 ( ◎ ;  ◎) 」

シャドーウーマン 「 (◎    ;◎) 」

フォルテ 「 (◎ ;  ;◎) 」


スターマン総帥 「 ( ☆ ) 」


[  発射スイッチが… 押され…


「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」「パ」


(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)(◎ ◎)


(ロックマニアの各地にいきなり平面映像が出現!!!!!!!!!)


[  軍人も… 民衆も… 要人も… 平面映像に目が釘付け…  ]


[  テレビ画面も… 街頭テレビも… ビルの巨大テレビジョンも… 全てその映像になる… 一人きりの人の目の前にも平面映像…  ]


[  呆然とするロックマニア一同…  ]


同盟一同 「(◎  ◎)(◎  ◎)(◎  ◎)(◎  ◎)(◎  ◎) 核 戦 争 が ―――――――――――



「  止  ま  っ  た ――――――――――――――――  」



(突如現れた意味不明な平面映像に目が釘付け… 動きが止まっている人々…)



[  平面映像にデカデカと映っている本家スターマン… 背後には気持ちの悪い妙な生命体… ナンバーマン… ゼロ… 仮面マニアー… くノ一ロボット… 本家フォルテ… 全体的に意味不明過ぎる画面…  ]


(間…)



[  ( ☆ )  ]



『  \(∩ ☆ ∩) い や 〜 ど 〜 も ど 〜 も  は っ は っ は  』



(ロックマニア中に響き渡る、やけになれなれしい本家スターマンの第一声…)


『キャッ いやっ 総帥っ』

[  画面の前に無理やり引っ張り出され、羽交い絞めにされるシャドーウーマン… 胸、ブルマー(?)、顔と順々にアップ…  ]

[  ゆっくりとそのボディーラインをいやらしく映され、その身体を全国ネットで流されるシャドーウーマン  ]

『 (▽☆▽(;>○<) ハイ☆ サービスカットで、つかみはオッケー☆ 』


(全国ネットで流れる本家スターマンのダチョウ倶楽部…  意味不明すぎて一同 目が点…)


『 (▽  ☆  ▽) み ん なぁああああああ こ の 戦 争 は 仕 組 ま れ た 戦 争 だ ぁああああああああああああ 』


『 \(▽☆▽ ) 後ろに見えまする巨大ヘテロ生命体エドの策略によって、我々は世界戦争へとまんまと導かれてしまったのだ!!! 』

『 一連の本家虐殺事件もこのエドの一味によってなされたのだ!!!! 』

『 その狙いは本家の殲滅!!!!! この世から本家を抹消しようとしているのだ!!!!! 』


『 倒 す べ き 敵 は こ の 化 け 物 な の だ !!!!!!』


『 だが、この化け物は強すぎる!!!!! 我々の力ではどうすることもできない!!!!!! 』

『 だ か ら 切 り 札 を 出 す !!!!!!!(バッとポケットからセイバーを出す!!!!!!!) 』


『 みんなの力をこのセイバーに集め!!!!!! や つ を 倒 す ん だ !!!!!!!!!! 』


『 あ そうそう! まずはこのセイバーの力をわかってもらわなきゃねv(∩ ☆ ∩) 』

『 (▽ ☆ ▽) 今から流すVTRを見れば! この切り札があの化け物を倒せる唯一の力であることがわかると思う!!!! 』

『 (▽ ☆ ▽) それでは御覧ください☆ どうぞ☆ 』

VTRがなぜかモノクロで、時々髪の毛っぽいものが画面にビロロンと出つつ全国に同時上映開始↓
(TKJさん著、出演者の方々の敬称略、投稿日付 02/12/10(火) 0:39 )
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

レイニー・タートロイドとの果てしない戦いの連続・・・・。
本当にノーマルエックスで勝つことができるのか?

しかし、その時TKJに 『声』 が伝わってきた。
いや、正確には何者かがTKJの 『意識』 に語りかけていたのだ・・・・・。


??? 「・・・・総帥!・・・総帥!」

TKJ 「・・・?その声は『スワンクリスタル同盟』のみんな?」

マウロ 「総帥! 頑張って!」
ジロー 「ミサイルから逃げてはダメだ!思い切って近付くんだ!」
OMFire 「セイバーを使うんだ!」

TKJ 「そうか、よし!わかった!」

エックスはミサイルを恐れずにタートロイドに接近!
小ジャンプ セイバーと着地セイバーの連続斬りでミサイルを全て破壊!
ノーダメージで切り抜けた!

TKJ 「『スワンクリスタル同盟』のみんな、ありがとう!」

しかし問題はこれからだ。タートロイドが「かくごしろ!」と言ったときは
何とか避けられるが、「おわりだ!」と言われたら本当に終わってしまう・・・。

しかし、その時TKJの 『意識』 に語りかける 『声』 があった。

Xマニア 「心配するな。ヤツに 『呪い』 をかけてやった。これでヤツは『おわりだ!』 とは言わない」

タートロイドは言った。 「かくごしろ!」

やった! これなら避けられる! 
エックスはタートロイドの体当たりを全て避けきった。

TKJ 「Xマニアさん、ありがとう!」

セイバーで斬りかかるエックス! タートロイドの 「コア」 を破壊した。

ガシャン 「効率的にダメージを与えるんだ!」

TKJ 「うん。わかったよ!」

エックスはジャンプと同時にバスターを撃ち、そのまま空中でセイバーで斬る。
さらに着地と同時にセイバーでタートロイドの体力を削る!

TKJ 「ありがとう、ガシャンさん!」

しかし、ここでタートロイドは言った。「おわりだ!」
ひええええ! 体当たり&クリスタル攻撃 が来る! もうダメだ・・・。
しかし、その時また 『声』 が・・・・

ふじさ 「あの格言を思い出せ!」

TKJ 「え? 格言って・・・?」

SIMONZ 「クイックマンに当たるな!クイックブーメランに当たれ!」

あ・・・・・! そうか、わかったぞ!
避けることが出来ないなら、クリスタルにわざと当たってその間に・・・・
エックスはクリスタルにわざと当たって、その間に体当たりを避けた。

TKJ 「ふじささん、SIMONZさん、ありがとう!」

斬って斬って斬りまくるエックス。
タートロイドは叫んだ! 「てんのいかり!」

・・・・!初めて聞くセリフだ、まずい!!
しかし、また 『声』 が・・・・

無想転生 「心を『無』にするんだ!」

TKJ 「くっ!わかった、やってみるよ!」

必死に避けようとするエックス。避けきれなかったが、何とかしのいだ。

TKJ 「無想転生さん、ありがとう!」

しかし、エックスのライフはあとわずか。タートロイドはカタすぎる・・・。
追い詰められていくエックス・・・。 しかし、また 『声』 が・・・・。

ピカチュ青いヤロウPK02ZEROもどき 「総帥! あと一息だ! 一気に突っ込むんだ!」

TKJ 「『パソ無い同盟』のみんな! よし! わかったぜ!!」

エックスはセイバーで特攻をかけた。 斬って斬って斬って斬って・・・・・

青いヤロウ 「総帥!あと一息だ!」
ピカチュ 「総帥!俺達がついてるぞ!」
PK   「みんなの力を・・・・」
ZEROもどき 「総帥に集める・・・・」
02   「今だ! ここで決めるんだ!」


「パソ無い同盟」のみんな・・・・
「スワンクリスタル同盟」のみんな・・・・
そして「ロックマニア」のみんな・・・・

みんなの『力』がエックスのセイバーに集まりひとつになった。

ロックマニアのみんな 「TKJさん、今だ!!」

TKJ 「くらえ! ロックマニアセイバーァァァ!!」

タートロイド 「ぐわあっ!」

爆発するタートロイド・・・・・・
か・・・・・勝ったァァァァァ!!!(狂喜)

本当に辛い戦いだった。でも、ロックマニアのみんなのおかげで勝てたよ!
ロックマニアばんざーい!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(放映終了)


・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・  。


『 (▽ ☆ ▽) どうだね諸君? この切り札の力をわかってもらえたかね?』

『 みんなの力をこのセイバーに集めれば!!! エ ド を 倒 せ る ん だ !!!! 』

『 だが、みんなの力をひとつにここに集めるには、 み ん な の 心 も ひ と つ に な る 必 要 が あ る 』


『 (▽  ☆  ▽) さ あ 諸 君 !!!!! 今 こ そ 心 を ひ と つ に し !!!!』


『 力 を ひ と つ に 合 わ せ て あ の 憎 き エ ド を 打 ち 倒 そ う で は な い か !!!!!!!!! 』


・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・  。


(相変わらず一同目が点、頭の中でそれぞれ様々な思考やツッコミをめぐらし、何とか今の意味不明な映像と事態を把握しようとしている人々…)


エド 「馬カな本家ダ・・・(ヴヴヴヴヴ…と大エネルギーを集中しはじめる… 超広範囲エネルギー波で同盟一同を一瞬で消すつもりだ!!!!!)」


ナンバーマンFスズキの心の声 「  『心をひとつに』 って―――――――(汗)  」


(呆然と立ち尽くしているヒトデ型魚ボットのヒトデンはじめ魚ボット達一同…)


真ZER02の心の声 「  種族も文化も何もかも違う上に、今の今まで戦争でいがみ合っていたんだぞ――――――(汗)  」


(チャイナーシティーの民… 手をつないでいるチビ熱斗とチビメイル…)


仮面マニアーXの心の声 「  世界[ろっくまにあ]の人々全員の心をひとつにするなど不可能―――――――(汗)  」


(ロクバスタ、手を組んで祈っているアイリスゲール、ドップラーはじめ元地下住民の人々… 踊り子ロールちゃん…)


シャドーウーマンの心の声 「  (どんどんエネルギーをチャージしていくエドと総帥を交互に心配気に見ながら) 総帥―――――――  」


(海の上の海賊船… (・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・) (・ ● ・) (・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・) クラウン海賊団…)

(山の頂、空を仰ぐ再陰とレヴィ…)

(京都風の町、みさお・キャスケットはじめ御庭番衆… 御盆を持った改心した緑川鎌足…)

(街道、空を仰ぐ瀬田まりこ…)


エド 「(ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ…)」



フォルテの心の声 「  終 わ っ た な ―――――――――――――  」


[  エネルギーチャージ完了寸前のエド…  セイバーを高らかに掲げる総帥…  ]


『 (▽   ☆   ▽) さ あ 諸 君 !!!! こ の 私 に 力 を く れぇええええ!!!!!! 』


『 今 こ そ み ん な の 心 を ひ と つ に し … 』


『 あ の レ イ ニ ー ・ タ ー ト ロ イ ド(※単なる8ボスの一体) を も 打 ち 破 っ た 』


『 ロ ッ ク マ ニ ア セ イ バ ー で エ ド を 倒 す の だ !!!!!!!!!!!!!!!!! 』


だ ・ ・ ・

ロックマニアの民A 「 ( ・ ・) 」

だ ・ ・ ・

別の場所のB「 (・  ・) 」

だ ・ ・ ・

また別の場所のC 「 (・ ・ ) 」


(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)
(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)
(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)
(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)
(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)
(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)
(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)(・_・)




                                             ●←惑星ロックマニア




・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・  。



「レ…」



ロックマニア一同 「レ イ ニ ー ・ タ ー ト ロ イ ド か よ!!!!(全員同時白目ツッコミ)」
                                         \\   //
                                             ●


よ… よ… よ…


「 ズ ド ッ ッ ッ ッ ッ ッ ッ ッ ッ ッ ッ ッ !!!!!!!!!!!!!!!!! 」


( セ イ バ ー に 大 エ ネ ル ギ ー 結 集 !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)


ナンバーマンFスズキの一瞬の心の声 「  ツ・・・ ツ ッ コ ミ で ―――――――(▽;「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽)  」

真ZER02の一瞬の心の声 「  ロ ッ ク マ ニ ア の ―――――――――――(「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽;)  」

仮面マニアーXの一瞬の心の声 「  心 が―――――――――――――( ▽;「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄])  」

シャドーウーマンの一瞬の心の声 「  ひ と つ に ―――――――――!!???(▽「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄];▽)  」


フォルテの一瞬の心の叫び 「  ん な ア ホ な ――――――――――――――(;▽「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽ )  」



(巨大セイバーを振り上げて跳躍しているスターマン…)



スターマン総帥 「 こ れ が ・ ・ ・  ロ  ッ  ク  マ  ニ  ア  の  意  思  だ ・・・!!!!!!!!!!! 」


エドの一瞬の心の叫び 「 (※『レイニー・タートロイドかよ』)←それがぁあああああ!!!!??????(「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄];○;) 」


「ロックマニアセイバーァァァ!!!!!!!!」


( エドもろともエドの世界を一刀両断!!!!!!!!!!!!!!!!!!! )


エド 「(真っ二つ!!!!!!滅び行く体…) ん な ア ホ な ぁあああああああああああああああああああああああああああああああああ


(エゴとイドの二人に分かれる… 宙を白目大口で舞う二人…)


(次元が捻じ曲がり… 創造主の土[もと]へ帰る道[ブラックホール]がゴゴゴゴゴゴゴと二人をゆっくりと吸い込んでいく…)


(肩に巨大セイバーを担いでいる総帥… その様を見送りながら)


スターマン総帥 「カプコン株大変そうだし ・ ・ ・ 利益の出ない本家復活に踏み切れないこともわかってる ・ ・ ・ 生活が懸かってるんだからカネ優先も当然だ ・ ・ ・ それでも ・ ・ ・ ・ 本家はあなたの子供たちだ ・ ・ ・ たとえ実体がなくても ・ ・ ・ あなた と ファンのみんな の心の中で生きてる ・ ・ ・ ・ 」

エゴイド 「 ・ ・ ・ ・ 」

スターマン総帥 「(人差し指と中指を合わせて こめかみ辺りに添え… ウインク) 創造主に伝えておいてくれたまえ…

エゴイド 「?」


「 『  愛  し  て  る  よ v  パ  パ v 』 っ て ☆ 」


・  ・  ・  ・  ・ 。


「ぷっ」


エゴイド 「あはははははははははははははvvvvvvvvvv ( ∩「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]∩) (∩「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]∩ )」


スターマン総帥 「 (∩☆∩)/ 」

エゴイド 「 \( ∩  ∩)  \( ▽ )/ 」


(本家のスターマンに手を振りながら… ブラックホールに吸いこまれていく二人…)




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


(地上… とある荒野… エゴとイドの世界は消え、ロックマニアに戻ってきている同盟メンバー達… まだ放送は続いている)


[  (▽   ☆   ▽)  ]


『 みなさん!!! みなさんの協力で、エドを倒すことができ、本家殲滅を食い止めることができました!!!! 』

『 そ ん な み な さ ん に 言 い た い こ と が あ り ま す !!!! 』


ロックマニア一同 「 ・  ・  ・  ・ ? 」


[  ス〜〜〜〜…と大きく息を吸い込むスターマン…  ]


『おまえらみんな仲良くしろぉおおおおおおおお』
                ( ▽「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]▽メ)

『 こ れ は 総 帥 命 令 だぁああああああああああ 』

ああ… ああ… ああ…


(◎   ◎)  (◎  ◎ ) ( ◎  ◎) (◎ ◎)  ( ◎ ◎)( ◎ ◎)  ( ◎ ◎)  (◎ ◎ ) (◎   ◎)


(◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎)
(◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎)
(◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎)
(◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎)
(◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎)
(◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎)
(◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎) (◎ ◎)


・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 。


『 \(▽  ☆  ▽)/(しゃくれ顔で)いくぞぉおおおおおおおおおおお 1! 2! 3! ダ(プツンッと放映終了)』


・・・・・・。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(大の字で倒れている)クロロX 「 \(; ▽  )/ はあ・・・ はあ・・・ しんどー(エネルギー切れ…)」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

(>   <)  (>  < ) ( >  <) (> <)  ( > <)( > <)  ( > <)  (> < ) (>   <)


                                       どっ(笑)
                                         \\   //
                                             ●


(∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩)
(∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩)
(∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩)
(∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩)
(∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩)
(∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩)
(∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩) (∩ ∩)

ロックマニア一同 「はははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは

「なんだったんだあのスターマン!?(>▽<)」 「わけわかんねー( >▽<)」 「1、2、3、ダーって最後までやれよやるなら(>▽<)」
「っていうかエドってあれ何!?(>▽< )」 「本家殲滅とかうそくせー(>v<)」 「でもおもしろかったなぁ(>▽< )」
「なんの戦いだったのあれ?( >▽)」 「いきなりあんな戦い見せられてもなぁ(>▽< )」 「ロックマニアセイバーてぇ(▽< )」
「総帥命令って何様だよ( >▽<)」 「どこの総帥だよアハハハハハ(> < )」 「意味わからなすぎるよ〜ははははは(> ▽ <)」


エゴとイドの計らいか… 虐殺された本家種族の村や都市は何事も無かったかのように蘇り… 人々は生き返った…

核戦争をしようにも… 理由がなくなった上に… みんなで大爆笑した後だったため… みんな戦意を喪失していた…

武器を取ろうにも、思い出し笑いで手が振るえ… 何もかも馬鹿らしくなってしまった…


こうして戦争は… 誰一人の犠牲もなく… 自然終結した…





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


同盟一同 「 解  散 !!!!????? 」


スターマン総帥 「(・ ☆ ・) うん、フォルちゃんも脱退するし、これといってやることもないし、そろそろ潮時かなって思ってね。」

同盟一同 「・・・・」


スターマン総帥 「それに気づいたんだよ ・ ・ ・ ロックマニア ・ ・ ・ いや ・ ・ ・ 全宇宙のみんなは ・ ・ ・


「 わ た し た ち は み ん な わ か り 合 え る 同 志 だ と い う こ と が ☆ 」


スターマン総帥 「どんなに離れていても、種族が違っても、価値観が違っても、わたしたちはこの世にいる限り、同じ世界[どうめい]の同志だということがわかったからね☆ だから解散しても我々は同志だ(∩ ☆ ∩)」


同盟一同 「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」


ナンバーマンFスズキ 「・・・・・・・・・(胸の風穴に手を当て… フッと笑って…) この旅で ・ ・ ・ 何度もダメージを負った…(苦笑) “無傷伝説” めぐりの旅 ・ ・ ・ 再開しようかと思います(笑)」

真ZER02 「(目を閉じ)そろそろロクバスタに戻ろうかと思ってました… アイリスも会いたいだろうし… 復興の手伝いがしたいんで…(微笑)」

シャドーウーマン 「(X師匠の方を向いて、もじもじ…)あ・・・あの・・・ その・・・・(もじもじ)師匠・・・ もっとわたしを強くして下さい・・・(もじもじ) これからも一緒に・・・ 修行の旅をしてくれませんか…(頬を染めて上目づかい)」

仮面マニアーX 「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ いいだろう」

スターマン総帥 「マニアーXさんが一緒なら安心ですね☆ その子一人じゃ遅かれ早かれ強姦は必至ですからねv(最後のセクハラ)」

仮面マニアーX 「はははは(苦笑)」

シャドーウーマン 「〜(赤面うつむき…)」


フォルテ 「 ・ ・ ・ ・ (そのまま黙って去ろうとする…)」


スターマン総帥 「待ってよフォルちゃ〜ん☆ 最後にみんなで蘇った本家村で一泊して☆ 送別会を看護婦ロールちゃんを侍らせながら盛大にやろ〜よ☆」

ナンバーマンFスズキ 「いいですね〜♪」

真ZER02 「右に同じ(微笑)」

仮面マニアーX 「ふぉるてどの さいごのうたげ ともにいざ♪ [※フォルテ殿 最後の宴 共にいざ] 」

シャドーウーマン 「やりましょvフォルテさんv」


フォルテ 「 ・ ・ ・ ・ ・ (振り返る… 目を閉じ…) これきりだぞ… (苦笑…)」


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


シズク・キャスケット 「(キョトンとした顔) どうして団長はあのスターマンにこだわるの? 」


クロロX 「 ・ ・ ・ ・ (笑) 世界を変えてくれるらしい…(笑) 以前、ロールのアルターを戦わせたとき ・ ・ ・ 最後にはロール達と一緒に 王様ゲーム をやってたんだ・・・(笑) あの当時は気づかなかったけど ・ ・ ・ 今思えば ・ ・ ・ “あれが決め手” だったんだって気づいてさ ・ ・ ・ 『ワタシが世界を変える』 という言葉の妙な説得力の 決め手 がさ ・ ・ ・ ・ 人の心を変えるのは難しい ・ ・ ・ でも、 “アルター” の心を変えるのはもっと難しい ・ ・ ・ いや不可能だ。 “アルター” は “能力の主に絶対服従” のはずだからね。 それが一緒に王様ゲームをやったんだよ? “アルターの心” をあの人は変えられた ・ ・ ・ だから、この人なら “世界を変えられる” と思えた ・ ・ ・ それが今回 ・ ・ ・ 確信に変わった ・ ・ ・ ロックマニアはこの広大なROCK宇宙のひとつの惑星に過ぎないけれど ・ ・ ・ あの人は世界[ロックマニア]を変えることができた ・ ・ ・ ・ 世 界 を 変 え ら れ る 可 能 性 を ・ ・ ・ あ の 人 は 持 っ て る ・ ・ ・ ・


(空を仰ぐ… 青く晴れわたった空… すがすがしい笑顔――――――――


総 帥 ――――――――――――――――――――――――――



次  は  全  宇  宙 [ せ  か  い ] だ ――――――――――――――――――――



(わ〜いvとフォルテに跳びつくスターマン―――)

(白目叫びでスターマンを押しのけようとするフォルテ――)

(笑顔のシャドーウーマン―――)

(やれやれと肩をすくめる真ZER02―――)

(ハハハハと爆笑のナンバーマンFスズキ―――)

(字余りまくりで笑う仮面マニアーX―――)


[  本家村へと向かう一行―――… 画面がどんどん引いていき… 美しい夕闇…  光り輝く一番星が映る…  ]


(チャラチャチャ〜ン♪ チャン チャン チャン チャン♪ チャラチャチャ〜ン♪ チャン チャン チャン チャン♪ ※エンディングテーマ)
(チャラチャチャ〜ン♪ チャン チャン チャン チャン♪ チャラチャチャ〜ン♪ チャン チャン チャン チャ♪)

とおい〜〜♪ むかしの はな〜し〜でーす♪(歌:ゴダイゴ)
あたらしい〜♪ その〜 星〜が♪
いま〜〜♪ うまれて ぼくらのむね〜♪
つよく〜♪ て〜らして い〜るよ〜〜(チャラチャチャ〜ン♪ チャン チャン チャン チャン♪)
それは〜〜♪ ぼくらの ここ〜ろ〜に♪
あたらしい〜♪ ちへい〜せん〜を♪
さあ〜〜♪ めざせとおしえながら〜♪
ひろく〜♪ か〜がやいて〜るよ〜〜(チャラチャチャ〜ン…)
やみ〜〜を てらして♪ い〜る〜よ〜♪(ス〜タ〜マ〜ン♪スタ〜マ〜ン…)
けが〜れな〜い〜 ひか〜りが〜♪(ス〜タ〜マ〜ン♪スタ〜マ〜ン…)
き〜み だってぇ〜 みえ〜るよっ
TとKとJの星が〜〜〜〜 ああ〜〜…(チャンチャン♪チャチャチャン♪チャラチャラチャラチャラ♪)
ホ〜〜リ〜♪ ホ〜リ エン ブライト♪ スターマン イズ ア シュ〜ティングスタ〜♪
ホ〜〜リ〜♪ ホ〜リ エン ブライト♪ スターマン イズ ミスタ ティー ケー ジェ〜♪
ホ〜〜リ〜♪ ホ〜リ エン ブライト♪ スターマァンド フォルテ ホーリエンブラ〜イト…(チャラチャチャ〜ン……)


「わぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


実況ピカチュ 「お・聞・き・く・だ・さい この 大 歓 声!!!!!! ここ 『裏仮想現実世界ピカトリックス』 におきまして〜!!生きてる戦士も死んでる戦士も一堂に集う 『裏KOP』!!!!! この 『裏KOP』 は全員総当りのリーグ戦!!! 成績上位1位2位による決勝戦によりチャンピオンが決定します!!!! それでは錚々たるエントリーファイターを御覧ください↓↓↓↓↓↓↓↓」

エントリーナンバー1番星 (眠れるシーサー) スターマン総帥
本人から一言 「し・・・シーサーに・・・しーさー・・・(赤面)」


エントリーナンバー02 (赤[ひかり]と黒[やみ]の02重人格) 真ZER02
本人から一言 「また俺を出場させて・・・ どうしようっていうんだ・・・(微笑)」


エントリーナンバー3 (オールブルー最悪の怪物) シャーロン
本人から一言 「くだらねぇロボットどもがぁ…」


エントリーナンバー4 (この世に遣われし救世主[メシア]) フラッシュマン2
本人から一言 「この世で最も尊い “本家の民” よ――― 屠りなさい――― 祈りなさい―――― そして―――― 信 じ な さ い ―――――。」


エントリーナンバー5 (蜘蛛旅団団長) クロロX
本人から一言 「(◎  X  ◎)今回 狙うのは ・ ・ ・ 大会に出場する者 ・ ・ ・ 全て―――――――――― 」


エントリーナンバー6 (戦わなければ生き残れない!) 仮面マニアーX
本人から一言 「たたかいは おくしたものが まけるのだ」


エントリーナンバー マン …っじゃなくて7 (ミスターノーダメージ) ナンバーマンFスズキ
本人から一言 「 “パーフェクト勝ち” ・ ・ ・ しがいがあるぜ ・ ・ ・ ・ 」


エントリーナンバー8 (最高懸賞金額の “抜け忍”、 “鬼人” ) 再陰
本人から一言 「スズキぃ〜〜… 今度こそ俺の最大忍術[おうぎ]で勝つ ・ ・ ・ 」


エントリーナンバー9 (元 “人斬り” ) 志々墓 羅実
本人から一言 「スズキぃ? 興味ねぇ…」


エントリーナンバー10 (激進 「最強伝説」 ) フォルテ
本人から一言 「なかなかいいメンバーがそろってるじゃねぇかぁ… おもしれぇ…(ニヤリ)」


(※八武会は強すぎるため出場不可。 最強最後の仮面マニアーは “マニアーの戦い” に関わる特別な事情の場合のみしか出現しないので不参加)


第一試合 (いきなり(このメンバーなら当然だが)好カード!!) フォルテ VS スターマン総帥

フォルテ 「いきなりおまえとはな… 今回、どいつもこいつも強いやつばかりで、いいメンバーがそろってるがぁ・・・ て め ぇ と 一 番 や り た か っ た ぁ!!!!! てめぇと旅してた間・・・ てめぇの戦いをずっと見てきた・・・ ゾ ク ゾ ク し て た ぜ ぇ… 」

スターマン総帥 「 ・ ・ ・ ・ (フッ…と微笑…) いざ… 」

フォルテ 「 ・ ・ ・ ・ は?」

スターマン総帥 「(▽ ☆ ▽メ) 『いざ』 って言ったら 『尋常に』 だろが!!!! いざぁああ!!!!(身構える!!!!)」

フォルテ 「 ・ ・ ・ ・ (はあと溜息… 気だるそうに) じんじょーに… (身構える…)」

スターマン総帥 「(身構えたまま)・・・・・・・・(フッと笑う…)」

フォルテ 「(身構えたまま)・・・・・・・・(フッと笑う…)」

スターマン総帥 「・・・・(鋭い表情…)」

フォルテ 「・・・・(鋭い表情…)」


・ ・ ・ ・ ・ ・


スターマンフォルテ 「  勝  負 !!!!!!  」




STARMAN & FORTE FOREVER FORNEVER


THANK YOU FOR PLAYING

PRESENTED BY  PI KA CHU

 

小説ページへ