×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ > 投稿小説 > KOP前史 第三回 裏ROCKMANIA支部

KOP前史

・第三回 裏ROCKMANIA支部会議

第三回 裏ROCKMANIA支部会議

議題 『岩本VAVA』

ピカチュ 「今回の議題は漫画 『ROCKMANX』 の著者! 岩本先生のVAVAに関してです〜v ピカチュはこの岩本先生のVAVAが大好きなんです〜v 何が好きってやっぱりそのカッコイイしびれる台詞ですvvv (好きというわりには)うろ覚えですが、例えば〜 『 たとえば このグラスの中身がバーボンでも泥水でも俺たちには大差ない 俺たちは戦うためだけに生まれてきた擬似生命体[レプリロイド]だからだ “義”だの“野心”だの無意味なことだ』 『俺は今までいろんなものを潰してきた だがひとつだけ潰したことがないものがある  “ROCKMAN” という名の “伝説” だ』 『自分の存在を理解しないものなど生きている意味がない』 『あまちゃん坊やに贈る子守唄だ!!』 『そしてこれが寝酒のバーボンだ!!』 『ピアノ・・というものらしいな・・・・ 音の組み合わせにしだいでそれを “芸術” と呼び称讃するらしいな・・・・・ だが “芸術” という観念は絶対的多数の中にしか自分を見出せない者のたわ言だ 己に自信を持つ者はそんな戯れ言に惑わされることはない・・・・ この・・俺が・・・・ そうであるようにな 楽しい命のやりとりの後に立っているのは  “死” という地獄を掻い潜ってきた真の “鬼” のこの俺だ!』 『当然だがホーミングなんだよ!』 『スピードこそが俺の最大の武器なんだ!! いやちがうな 俺の 本当の 武器はあ 俺の中に巣食う “鬼” そのものよ!!』 『所詮 一夜漬けの “鬼” よ!生まれながらの “鬼” には適わないのだ!!』 『くぅだいてやるぅう―!!』 『頭が砕けたな 俺の勝ちだ!!』 などなどなど〜vキャイ〜ンv VAVA様〜〜んv ピカチュの頭を砕いて〜っvvvv」
「それにこんなのも考えてみました〜↓」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
( “死” という地獄をかいくぐって来た真の鬼!) VAVA MK‐U
「オーガファイヤー」:くらうと一定時間 体が燃え続ける (ダメージを削る) 炎
「オーガシールド」:必殺技すら完全防御
「オーガダッシュ (VAVA版シールドアタック) 」
   オーガシールドをかかげたままダッシュする技、必殺技を受け付けないのでかなり使える。
「ホーミングミサイル」
   はじめはユッタリと移動するが、相手が動く (避け動作) または一定距離に入ると一気に相手に突っ込むミサイル
命中時の台詞はもちろん 「当然だがホーミングなんだよ!」
「オーガフィンガー」
   相手の後頭部をわしづかみして、壁 (あるいは地面) に顔面をめり込ませて、そのままダッシュで引きずり回し、つきあたりの壁をブチ抜く荒技
壁がない場合は、画面ぎわで放り投げる。技の最後は背面ジャンプで離れる。
「オーガファイヤー」 による炎上状態の相手に 「オーガフィンガー」 をかけると、技のバージョンが変化し (原作版になり) 、
“顔面” をわしづかみして引きずる。
さらに台詞を言う↓
「スピードこそが 俺の 最大の 武器なんだ!! いやちがうな 俺の 本当の 武器はあ(ここまで引きずりまわし)
俺の中に巣食う 『鬼』 そのものよ!! (ここで壁ブチ抜きor投げ) 」
このように、対戦ステージ や 状況 によって、様々な様相を見せる技である。
「フェイントフィニッシュ」
   相手にダッシュで突っ込み (見た目は通常ダッシュと同じ) 、 一瞬 上段or中段技で来るかと見せかけて、急に上体を下げ、
“片足上げスライディング” で敵の顔面に かかと をめり込ませる即死技。 成功時の台詞はもちろん 「頭が砕けたな 俺の勝ちだ!!」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ピカチュ 「どうですかvvv 隊長〜vvvv 」

ブリザードマン隊長 「はい王手!(パチッ)」

池原パンク 「・・・・(パチッ)」

ブリザードマン隊長 「いや だから 金 は後ろ斜めにはいけないって言ってるだろーがぁ」

池原パンク 「 (隊長の顔色をうかがいながら) ・・・パーンク?(パチッ)」

ブリザードマン隊長 「いや・・・だから… (グッタリしながら苦笑い) 何で 歩 がそんな出鱈目な方向に指せるんだよ… (やれやれ…) 」

ピカチュ 「 ・ ・ ・ ・ ・ 2人とも聞いてました? (−_−;) 」

第四回 裏ROCKMANIA支部会議へ

 

トップページ > 投稿小説 > KOP前史 第三回 裏ROCKMANIA支部