×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ > 投稿小説 > ROCKMANX7,5 〜プロローグ〜

ROCKMANX7,5

プロローグ

レプリロイド「た、助けて・・・」
 「おっ、ご苦労さん♪」
そのまま立ち去るX

レプリロイド「そんなこと言わずに手を…」
「はい」(バスターに変換した手をのべる
レプリロイド「あぁ…」
どか〜〜ん !!

この一件でXはイレギュラー認定されてしまうのである(何

しばらくして 不意にXの背後から足音が聞こえてくる・・・

ガシャン!(別にガシャンさんではない
「誰だ?・・・お、お前は!」

Σ「地球の平和と死にかけレプリロイドは私が守る!行くぞエックス!」
・・・こうしてイレギュラーハンター・Σとイレギュラー・エックスの戦いは幕を開けた――――

「フッ・・・・」
ズガガガガガガガガガッ!

Σ
「ぐあああああああっ!」
 
 …あっけなくΣは敗れてしまったがいつも通り復活し、この異常事態をシグナスに報告

 

その後 Xは成り行き上世界各地を占拠
「レプリロイドと共存できない人類
  並びにイレギュラー化の恐れがあるレプリロイドを破壊する」
Xは全人類+レプリロイドに宣戦布告をした

シグナス「まさかXが…やむを得まい Σ、ゼロ、AXL出撃だ」
一同「ハッ!!」
こうして性格の全く違う3人は一斉に出撃した
AXL「早くXを正気に戻さないとね」
Σ「Xは私が倒ぉ〜〜〜す!!(☆口☆ )」

ゼロ「( 何故Σがいるんだ…(−_−;) )」

第1話へ

 

トップページ > 投稿小説 > ROCKMANX7,5 〜プロローグ〜