×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ > 投稿小説 > KOP95前史『総帥の最期!?』

KOP95前史『総帥の最期!?』

時はちょっとだけ昔。 場所は千葉県のどこか。(いいかげんにも程がある)
ここ千葉県のどこかでは、相次ぐ干ばつのため落花生の畑が壊滅状態であった。
この現状を打開するために、TKJがおせっかいを焼きにやってきたのであった。

TKJ  「皆さん、大丈夫です。私にまかせてください」

自身たっぷりのTKJ。本当に大丈夫なのか?

TKJ  「ではトードマン先生、おねがいします。」(この次点でもう 【オチ】 の見当がつく)

どうやらTKJはピカチュさんの 【つて】 をたよりにトードマンを呼んだらしい。
早速とばかりに腰振りをはじめるトードマン。そして・・・・・
ポタ・・・・ポタ・・・・・ザアアアアアア・・・・

TKJ  「皆さん、雨が降りましたよ。これでもう安心です。」

しかしこれは強烈な 【酸性雨】 であった。見る見るうちに畑は 【荒地】 へと変わっていった。
しかも 【当事者】 であるTKJはこの酸性雨でいきなり死んでいた。

ついでにこの被害のせいでジローさんとPKさんの家も跡形も無く溶けてしまい、このHPも消滅してしまったようだ。
一体この収拾を誰がつけるのであろうか・・・・・

ちなみに、この 【荒野】 が 【KOP95】 の決戦場となるのは近い将来の話である。


                    【完】

・管理人から一言

 PKのホームページバージョンとして、ジローさんの掲示板にギリギリで残っている小説と違い、
 多少私が勝手に変えている部分があります。
 といっても私の家が溶けたのと、このHPが消滅した事ぐらいですが(><)

 

トップページ > 投稿小説 > KOP95前史『総帥の最期!?』