トップページ > 倉庫 > オフ会レポート&旅日記 > 正月パスで行く北東北の旅

正月パスで行く北東北の旅(05年1月1日)

行先:北東北(青森・秋田)
旅費:12000円(正月パス代のみ)

写真は後日掲載予定。

プロローグ

今年も冬休みが迫ってきた。
駅のパンフレットなどで東日本&北海道パスや青春18切符を使って青森や函館方面に行く事を考えていた。
しかし、聞く所によると休みが少ないとの事を聞き、急遽、日帰りでしかも充実した旅が出来るのを思い描いたが、
それに見合うようなパスなどが見つからない・・・。
そして、12月も終盤に迫りどうするか焦っていた所に救世主が(何
駅のポスターに載っていた正月パスを発見したのだ!これぞまさしく私が求めていたパスだ。
正月パスとは、元旦のみ使えるパスで12000円で新幹線と特急の自由席が乗り放題の上に
指定席も4回までなら使えるパスであり、範囲はJR東日本全線と函館までの区間、
それに北越急行や岩手銀河鉄道、青い森鉄道にも乗れるのである。

使うパスも決定したという事なので早速、北東北のダイヤを検索。
無論、今回は日帰りにしなくてはいけない条件だったので大変そうにみえたが、これが以外にも10分で決定(ぉ
東京を出発して、八戸、青森、秋田を経由して帰るプランが完成。
後は、出発日を待つだけであった。


いざ北東北、青森へ!

毎度の事だが、どうも自分は毎回旅行に出かける時は緊張感がないせいか
起きたのは余裕だったが、出る時間が遅いせいでバスに乗らず、タクシーで駅まで乗車列車の2分前にギリギリで到着(><)
京成電車の3400系で船橋まで、それから元旦のせいかガラガラの総武快速線(E217系)で東京駅へ。

東京駅到着後は、新幹線の時間まで20分以上も余裕があったので、
東海道線ホームで211系と113系の快速アクティーを撮影。
113系は既にE231系による置き換えが始まっているので良いものが撮れた。

 

左側:211系回送
右側:113系快速アクティー小田原行き

まだ時間的に余裕があったので東北・山形・秋田・上越・長野新幹線ホームでも撮影。

 

左側:E1系 MAXとき309号新潟行き
右側:E2系 やまびこ45号盛岡行き

 

左側:200系 やまびこ152号東京止
右側:E2系 はやて5号八戸行き(今回乗車した列車)

E2・E3系1000番台(?)を併結したはやて・こまち5号、八戸・秋田行きが定刻8時28分に東京駅を発車。
前日の大晦日に降った雪が残る東京駅を後にして、地下駅の上野、大宮、仙台と停車して
盛岡駅で併結していたE3系こまち5号秋田行きを切り離し、身軽になった所で終点の八戸に11:31定刻通りに到着。
八戸からは、E751系による特急つがる5号弘前行きの自由席に乗車。
ちなみにはやてに接続する列車ははやてと同じ号数を付けられているので解りやすい仕組みになっている。
間違って喫煙席に乗車してしまったが、煙いと思いつつも途中で車販から駅弁を購入し
雪景色の車窓を楽しみながら青森へ向った。
定刻通りに12:32、東北本線の北の終点青森駅に列車は到着した。
ここから秋田までの列車を乗るには約1時間も余裕があるので撮影タイム!

 

左側:789系特急スーパー白鳥7号函館行き
右側:キハ40系普通蟹田行き

 

左側:485系特急つがる92号八戸行き
右側:キハ48系リゾートしらかみ1号『橅(ぶな)』青森止

 

485系特急白鳥18号八戸行き
走っている間に雪が薄い膜のようにこびりつくので、写真でも解るようにワイパーで雪を落としている。
清掃後は右の写真であるが、基本的にライトと愛称幕を掃除しているようだ。

 

左側:E751系特急つがる5号弘前行き
右側:701系普通青森止

写真もある程度撮影し、次の列車を撮影するまでに時間もあったので
青森駅を撮影し、記念に青森駅の入場券や親に土産のリンゴチップスや青森限定のグッズなどを購入。
駅前のスーパーでは、元旦という事もあってか、つきたての餅をあんこをからませた物を無料で配っていたので
少しでも正月気分を味わう為に頂く。
つきたての餅は柔らかくておいしい!!
駅に戻りまた列車の撮影開始。

 東北本線の終点青森駅の駅名板だが、次駅表示がない・・・。

 青森駅。撮影中に雪が降ってきた。

駅に戻ってしばらくすると、旅行者が多いせいか解らんが、除雪作業の実演。
真ん中にあるスクリューで雪をかきこみ、外側に吹き飛ばしています。
雪国だけしか見れない光景、いいものは見れて嬉しかった♪

いざ、秋田へ!

秋田へ向う列車は、485系のかもしか色による特急かもしか4号秋田行き。
こちらは3両編成という事で立席かと思っていたが、本日に限り6両編成で列車が入線。
これは思いがけない事だったのでとても嬉しかった!
それにしても、自由席を確保しようと20分近く並んでいた方々はガックリでしょうね・・・。

 

左側:485系特急かもしか4号秋田行き
右側:583系特急かもしか3号青森行き 実物を見れたのには感動\(^o^)/

青森駅を定刻13:46に発車。
弘前、大鰐温泉、碇ヶ関、大館、鷹ノ巣、二ツ井、東能代、森岳、八郎潟と停車し、定刻16:24に秋田へ到着。
途中駅の大鰐温泉駅か碇ヶ関駅にて対向列車の特急かもしか3号に583系が運用についていたのには驚き(・o・)
夢中で車内から撮影したが、上手く撮れたか不明_| ̄|○
八郎潟駅にて秋田に住む青さんへメールで会おうかと入れようと思ったが、元旦という事もあって迷惑だろうと思って辞めました(何

秋田駅に到着後も撮影三昧。

 

左側:485系特急いなほ14号新潟行き
右側:キハ40系普通男鹿行き

 

左側:701系普通弘前行き
右側:秋田駅名板(在来線ver)

夜の秋田駅、人通りが多かったり、建物が邪魔してたりと撮影場所に色々困ったさ_| ̄|○

秋田でも土産を購入。
名産のいぶりがっこと自分が食べたくて何処でも買える様なイカの塩辛を購入(><)
はたはた寿司も購入しようと思ったけど、量が少ない割には高いし、きりたんぽも単品で売ってないので断念しました。
きりたんぽはなべセットなどでまとめて売られていてとても買いづらい。
なべセットよりきりたんぽを単体で他の料理法も書かれたもので売られていると便利なんだけどね・・・。

 

左側:E3系こまち282号東京行き
右側:秋田駅名板(新幹線ver)

PK、東京へ行く

土産も買い込み新幹線ホームの11・12番乗り場に向う。
新幹線なのに在来線ホームから乗るような感覚なのでとても不思議な感じがしました。
12番乗り場に折り返し臨時こまち282号東京行きに乗車。
この日は、奥羽本線で雪による影響でダイヤが乱れており、5分遅れで秋田駅を17:33に遅延発車!
ところが乗車しても新幹線なのに踏み切りを通過したり、レールがロングレールではない所もあったりするので、
ガタンゴトンという特有の音も聞こえて不思議な感じ・・・。
途中、信号場では対向列車の普通やこまち号の退避もあり、いかにもミニ新幹線だと不思議な感じで乗車していました。
おまけに大曲で列車の進行方向が変わるので、大曲まで進行方向とは逆に乗っていたり何か面白かった(笑

遅れていた時間も取り戻し、定刻通り19:15に盛岡に到着。
当駅ではやて282号と連結作業の為に小刻みに列車が動く、そして、前後に列車がガクンガクンと動けば併結完了。
定刻19:18に盛岡を出発、仙台、大宮と停車して上野に到着。
私は、上野で降りるのではやて・こまちを見送りながらも改札を出て京成上野駅へ。
京成上野駅からは、イブニングライナー63号京成成田行きに乗車。
これに乗車して思ったが、新幹線に乗った後にこれを乗るとやけに揺れるのが解る。
それだけ新幹線というものは揺れない様にいろいろと工夫しているのが実感できる。
普段、新幹線の後にイブニングライナーを乗る事は滅多に無いから良い経験が出来た(笑

京成AE100系イブニングライナー63号成田行き

エピローグ

今回は正月パスを使って旅をしましたが、普通に切符を買うよりこのようなパスを使って旅をするのも
1つの手だし、それに料金が格安で旅が出来ること、この辺はこれからも生かして行きたいですね。
ミニ新幹線の秋田新幹線やはやて号の乗車、これは全車指定席だったので取るのに苦労しました。
これらは、行先を決めたら早めに取るのを忘れないようにしておかなければいけないですね。
元旦なのに旅行というのもある意味贅沢な感じもしましたし、始めて元旦というのを忘れて満喫でしました。
また、機会があれば青森・秋田、函館まで足を延ばしてみたいものです。

 

トップページ > 倉庫 > オフ会レポート&旅日記 > 正月パスで行く北東北の旅